高校の部活を初心者(未経験者)で始めるのは難しい?

高校に入学すると新しい体験や、自分で決めていかなければならないことがたくさん出てきます。そのうちの一つとして高校の部活は何部に所属すれば良いだろうかと悩みがあります。

中学生の頃までは「テニス部に所属していたものの、高校からはバドミントン部に所属してみたい」とか、「帰宅部だったけど高校から新しく吹奏楽部に入部してみたい」などといった新しい学生生活の節目に合わせて、自身も新しいことに挑戦してみたいと考えている人は多いです。

そこで気になってくるのが高校の部活を初心者(未経験者)で始めるのは難しいのかどうかについて紹介していきます。

Sponsored Link

高校の部活は初心者でも平気?

高校生の部活には中学時代から同じ部活に所属していて、高校でも継続して続けている人がいます。

もちろん、全員が中学時代からの経験者の状態で高校の部活を継続しているとは限りません。高校から初心者で何らかの部活に入部している人もたくさんいます。

しかし、高校の特色などによっては初心者の状態で経験したことのない部活動に所属することは非常に困難な道になる可能性があります。例えば、今まで全くサッカーをやったことのない人が全国大会レベルの大会に出場するサッカー部に入部するとなると、相当な練習量と覚悟が必要となってくるでしょう。

つまり、高校の部活に初心者で入部したいと考えている場合、あなたが入部したいと考えている高校の部活レベルがどれぐらいのものなのかを見極める必要があります。

もし、入部したいと考えている部活のレベルが圧倒的に高い(全国大会などに出場している)場合は、その部活のレベルについていけるだけの覚悟ややる気、向上心などが一般的な部活に比べて多く求められるでしょう。逆にそこまでレベルの高い部活ではなく、どちらかというと楽しんでいる部活であれば初心者から始めても良いでしょう。

要はあなたが入りたいと考えている部活に対してどのようなレベルの活動を求めていて、自分はその部活動を通してどうなりたいかを考えていくことが大切です。

仮に初心者で全国レベルの部活動に入部したいと考えていたとしても、自身が上を目指して何らかの大きな結果を残したい、それに見合う努力や思考を凝らしていけるのであれば問題ありません。

Sponsored Link

部活の種類によっても変わってくる

高校から部活を始めるといっても、中学時代にはあまりなかったり、初心者や経験者の差があまりつかない部活動もあります。

例えばバスケットボールやサッカーなどといったスポーツは小学生の体育の時間に行ったりするスポーツである為、経験者がそれらのスポーツをしている期間が長くなります。つまり、高校の部活動ではバスケットボール部やサッカー部の経験者と初心者との差は非常に大きな壁ができているとも言えます。

また、テニスやバドミントン、吹奏楽、バレーボールなどといったスポーツは中学生の頃から始める人が多く、大体3年間の経験の差があると考えられます。

他には軽音楽部、茶道部などといった部活動もありますが、中学時代にはあまりない部活動である為、高校から始める人が多いです。もし、レベルの高い部活動や初心者と経験者との差が気になるのであれば、高校から始める人が多いであろう部活に入部するのも一つの手です。

もちろん、一番大切なのはあたなが何をしたくて、どのような部活に入部したいかどうかです。そして自分が部活動を通してどのような高校生活を送りたいかを考え、それに見合う部活を見つけましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。