堺雅人は発達障害(アスペルガー)だった?おしゃれイズムで衝撃の告白!

リーガルハイやDr.倫太郎などで主演を務め、個性的な役者として活躍されている堺雅人さん。

他の役者にはなく、堺雅人さんにしかないあの演技には大衆の目を惹きつけます。その演技力とは裏腹に堺雅人さんはTV番組「おしゃれイズム」で衝撃の告白をしていました。

Sponsored Link

堺雅人さんは発達障害(アスペルガー)だった?

堺雅人さんはTV番組「おしゃれイズム」で以下のようなコメントをしています。

堺によると、右と左は「今でもわからなくなっちゃう」とのこと。例えば車の運転をしているときに「そこ右に行ってね」と言われるとダメだが、「こっち行ってね」と指で指示されれば分かるという。

また、タクシーに乗って「そこを右」というように指示する場合には、そろそろ曲がる、そろそろ曲がると思いながら「(事前に)練習する」。じっくり考えなければ、右と左がわからないそうだ。

そして、この左右にまつわる子どもの頃の想い出も披露。母親が絵本で「右から何番目」「左から何番目」といった具合に右と左を教えてくれていたとき、あまりにできないため、母親が「情けない」と泣き出したことがあったという。その姿を見て傷ついた覚えがあると振り返った。

ま た、「計算が全然できない」ことも告白。足し算、引き算ができず、かつてドーナツ屋のバイトでレジを任されていたときは多めにおつりを渡していたようで、 〆のときに1,000円単位で数字が異なっていたこともあったそうだ。このことに加え、バイトが楽しくて“無断出勤”していたことが問題となり、クビに なったというエピソードも語った。

引用:http://www.narinari.com/Nd/20150431013.html

堺雅人さんのこれらの告白は視聴者にとって衝撃の告白となりました。

右と左が分からなくなる、計算ができない、バイトが楽しすぎて無断で出勤をしてしまいクビになるといった堺雅人さん普段の演技力からは予想できない過去のエピソードには意外性を感じた人は多いでしょう。

ネット上では「堺雅人さんは発達障害、アスペルガー症候群などではないのか?」といった声が沸いてきており、話題になっています。

しかし、このような左右盲や、発達障害のような症状を持っている人は堺雅人さんだけに限りません。芸能界などで大きく活躍されている人の中には似たような症状を持っている人がいます。

Sponsored Link

世界的に有名な役者や、芸能人にも発達障害が…

トム・クルーズ

実は世界で活躍しているトム・クルーズさんも学習障害の一種であるディスレクシア(難読症)であることを告白しています。

トム・クルーズは自身が学習障害であることから、学習障害児への支援活動にも積極的に取り組んでおり、偉業を成している人にも意外な一面があります。

ブリトニー・スピアーズ

ブリトニー・スピアーズさんも発達障害を持っている人のうちの1人です。

ブリトニー・スピアーズさんは世界的に有名な歌手として活躍されていますが、18歳の頃に発達障害のADHD(注意欠如多動性障害)であると診断されています。ADHDは落ち着きがなかったり、ふと思ったことを口に出してしまう、時間が守れない、仕事などでケアレスミスをしたり、忘れ物が多かったりする症状があります。

黒柳徹子

黒柳徹子さんも過去に自身が発達障害であることを告白しています。黒柳徹子さんは堺雅人さんと同じく「計算障害」があるに加えて、「読書障害」もあることを自身の著書で述べていました。

実際に黒柳徹子さんは台本をいくら読んでもセリフが覚えられなかったり、数字を覚えるのが非常に困難とのこと。小学生でもできる加算や減算もままならず、一桁計算が限界のようです。

堺雅人さんの場合は

おしゃれイズムでのエピソードを聞くと堺雅人さんは何らかの障害を持っているのではないかと考えてしまいます。ネット上では発達障害のうちの1つアスペルガー症候群ではないかといった声もあります。

しかし、アスペルガー症候群は基本的に学習面、運動面の発達においては問題がなく、計算もできる為、恐らくアスペルガー症候群ではないでしょう。

まず右と左の区別が咄嗟に分からないということは左右盲の発達障害である可能性は極めて高いです。また、発達障害には脳の発達がアンバランスになっていく傾向があり、物を片づけたり、約束の時間を守ることができなかったりします。

発達障害といっても人によって症状は千差万別です。堺雅人さんの場合は、計算障害や左右盲などといった症状がみられますが、その分堺雅人さんには他の役者さんにはない独特な素晴らしい演技力を持ち合わせています。

「発達障害」と表現してしまうと脳機能のうちの何かが欠如しているといった感覚を持ってしまいがちですが、言い方を変えればその人の個性の表れとも表現できます。

堺雅人さんは普通の人に比べて計算や左右の判断が鈍いかもしれませんが、役者としての才能には満ち溢れています。

人それぞれには一長一短な部分がある為、堺雅人さんは役者としての人生を歩むことによって自身の長所を生かし、才能を開花させたのでしょう。

Sponsored Link

3 件のコメント

  • この記事を書いているのは誰でしょう。アスペルガーの事を何も理解しないで書いているとしか思えない記事です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。