大学の友達が上辺付き合い、合わないと感じてしまう原因

大学に入学すると新入生はサークル、部活の勧誘や新入生歓迎会などのイベントが多く開催されます。

これから始まる大学生活に期待と不安を抱きながらも、たくさんの人と交流を持ち充実した大学生活を送りたいと考える人は多いでしょう。

ところが、大学で知り合う友人は上辺だけの付き合いになってしまいやすく、「この人とは合わないな・・・」と考えてしまうこともあります。

Sponsored Link

大学の友達が上辺付き合いだけになってしまう原因

大学生の交流関係は広く浅い人間関係を持っている人が多いです。

小学校、中学校、高校までは上辺だけの付き合いといったものはあまりなかったと思いますが、大学は自分で物事を決め、行動していく機会が増える為、人間関係も自分で構築していく必要があります。

なぜなら、大学に入る前までは自動的に振り分けられたクラスに所属し、そのクラスの人と常に同じ行動を取ることが多かった為、必然的に同じクラスの人と交流を持つ機会が多く、親交が深くなりやすいです。

大学生になるとそのような同じ人と何かをする時間や行動が減り、「クラス」という概念や縛りがなくなります。今までは「クラス」があったからこそ、上辺だけの付き合いになってしまうことが少なかったと言えますが、大学からは「クラス」などといった勝手に人との交流が増えて親交が深まる環境がなくなる為、自分で友人関係のコントロールもしていかなければなりません。

高校まで比較的受け身な姿勢で人間関係を構築してきた人は大学生になると、この差に気付かないまま大学の友達が上辺だけの付き合いになってしまう原因となっていきます。

Sponsored Link

大学の友達と合わない…

大学でできた友達が自分とは合わないと感じる人も多いです。

例えば、大学入学当時は皆、友達を作る為に積極的に人と関わっていきますが、お互いのことをあまり知らない状態で人と接触していく為、あらゆるタイプの人間が同じグループに集結していたりすることがあります。

「類は友を呼ぶ」といった言葉があるように、どこの人間関係においても似たような属性、性格の人同士は気が合いやすいです。しかし、大学入学当時は様々な属性の人達が入り乱れて一つのグループが構築されている為、大学の友達と合わないと感じます。

また、前述にもある通り、「クラス」といった人との交流が自然と深まる環境がないからこそ、相手が本当はどのような人であるかを知らず、「合わない」と感じてしまうケースもあります。大学生ともなると高校生までに比べて精神的に大人になってきている部分がある為、相手との距離感覚を自然と置いてしまうこともあります。

小学生時代の友人と久々に会っても特に違和感を感じずに接することができたりしますが、大学生になってから知り合う友人には何かと気を使ってしまいがちです。

グループに所属していて身動きが取れない人も

大学生の人間関係は「グループ」という縛りによって身動きが取れなくなってしまうケースもあります。特にこのケースによる悩みは女性のみで構成されているグループに多いです。

先ほど挙げた入学当時の状況で言えば、あらゆる属性が混ざっている人間関係のグループの中で、多数は気が合う人達で構成されていたとしても、極一部の人からするとあまり行動を共にしたくない場合があります。

男性に比べて女性は同性同士の人間関係は面倒が多い傾向にあり、遠回しな意味合いを含んだコミュニケーションのやり取りがあると言えます。男性の場合は一つのグループが存在していたとしても、グループの中で派閥ができたりするケースはあまりなく、点と点が集まったグループになることが多いです。しかし、女性グループの場合は、1つのグループの中で複数の派閥に分かれていたりすることがある為、男性に比べて人間関係のグループによる縛りや、行動が制限されてしまうことがあります。

このようなケースの場合、入学して早々にあらゆる属性の人達によって自然とできてしまった「グループ」から脱出したいと考えてはいるものの、大学生活が始まったばかりの頃は、今所属しているグループ以外に自分の居場所や知り合いがなく、身動きが取れない状態に陥ってしまいがちです。

最後に

大学生の人間関係は高校生活までの人間関係とは少し状況が変わってきます。自主的に物事に取り組んでいくことが多くなる大学生活においては何をするにしても、自分で判断して自分で行動していくべきです。

もし、今の人間関係や環境が自分にとってあまり良くない、満足できない状況にある場合は、思い切って切り捨てたり行動してみることをお勧めします。切り捨てるまでは勇気がいることもありますが、一度切り捨ててしまうと案外楽になったりするものです。

今の状況を打開する為にはどうすれば良いのか考えたり、新しい環境に飛び込む、新しいことに挑戦してみるといったことをしてみるのも良いでしょう。

他人中心に物事を考え過ぎずに自分が本当に求めていること、やりたいことを一つずつやっていれば、自然と自分の身の回りの環境が充実し、人との関わりも良い方向へ変化していくものです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。