堀江貴文が近畿大学卒業式で贈った祝辞全文章書き起こし。内容が話題に!

近畿大学の卒業式にゲストとして呼ばれた堀江貴文さんが、卒業生に贈った祝辞の内容がこれからの未来を生きていく若者にまさに必要なこととして話題になっています。

Sponsored Link

堀江貴文の祝辞全文章書き起こし

皆さん、おはようございます。

ついに、これまで生まれてから20何年間か、レールの敷かれた上をただ走ってきた人生をここで終えることになります。これからは、レールがあるようでレールのない世界に突入していくことになると思います。

これまでは、卒業した後、就職活動などをしたんでしょうけども、同じ会社で勤め上げて定年退職して、その間に家族や家を持って建ててみたいな、いわゆる普通の生活というのをこの後送っていくことになったのかもしれませんが、そんな未来はおそらく皆さんのうちの本当にごく一部しか歩まない、いや、歩めないと思います。

今、私が創業したライブドアという会社もそうだったのですけれども、インターネット、スマートフォンといったものが社会の仕組みを大きく変えつつあります。まだ、皆さん気づいてないかもしれないです。スマートフォンでゲームをやっているだけかもしれませんが、皆さんが知らないうちに世界中のすごい人たち、頭の良い人たちが、どんどん新しい技術を開発して勝手に世の中を変えていってしまっています。まず、皆さんはその事実に気づいていってください。

ただ、今まではレールに乗って大学を卒業すればよかったかもしれないですが、これからはそんな甘くないです。自分でできるだけ多くの情報に接することがまず大事です。そのためのツールは揃っています。別に先生に教わらなくても自分でスマートフォンのニュースアプリを使って情報に接することもできるし、ソーシャルネットワークを使って世界中の自分が面白いな、この人の話聞いてみたいなという人達の情報にすぐに辿り着くことができます。簡単です。

まず、自分で情報を、世界中のすばらしい人たちの情報を、先を行っている人たちの情報に触れることができるので、そのことを頭の中に入れておいてください。

そして、それだけじゃだめです。これからはそうやって仕入れた情報を自分の頭で考えて、そして自分で発信して頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかなければいけないです。

それはどうやってやるのか?簡単です。インターネットでブログやら、ソーシャルネットで毎日発信し続ければいい。非常に簡単なことです。それをできれば毎日やってほしい。それができることによって、世界中の様々な情報を自分で頭の中に入れて考えて、自分なりの判断ができるようになると思います。

なんでそんなことをしなければならないのか。これからは権威が当たり前じゃなくて、あてにならない時代になってくると思います。今までは、レールの上を走って、そして、権威、マスメディアがいうこと、あるいは会社に入って上司の言うことを従っていれば良かったかもしれないです。

しかし、皆さんは気づいていないかもしれませんが、そんな時代はとうに終わりに近づいております。これもすべてがインターネットが作り出した、グローバル化が齎したことです。みなさん、ほとんど日本人かもしれないが、日本は戦後何十年も高度経済成長で、そして、世界第1位、第2位の経済大国と呼ばれるようになりました。非常に豊かになりました。たぶん僕の世代よりもさらに上の世代じゃないと、日本が貧しかった時代のことは知らないと思います。当然ながらここにいるみなさんは日本が貧しかった時代のことは知らないでしょうね。

豊かな日本が当たり前だった時代はとうの昔に終わりました。皆さんはそこも気づいていないかもしれません。先日、札幌でタイ式のマッサージを受けました。6500円で90分だったのですが、しかしながらポイント割引で90分で5000円になりました。今年の1月、タイという東南アジアの国に行っていたのですが、そこでは90分で500バーツ、プラスチップで200バーツ、合計200バーツで約2500円です。もう札幌とタイのマッサージ屋さんの代金の差がたったの2倍の差しかないのです。現状でこれです。ものすごい勢いで、東南アジア経済発展しています。

彼らの中の高給取りの人達は完全に日本人のホワイトカラーの年収を上回っています。そして、富裕層の人達はゴロゴロいます。タイのバンコクに行くと、一人5万円の寿司屋が毎日満員だそうです。そんな時代に突入しつつあります。そして、そんな時代に突入しつつあるという危機感を持っている人がほとんどいない。これは、みなさん学生さんだけじゃなくて、政財界にもそういう危機感を持っている人は少ない。グローバル化というのはそういうことです。

多くのたくさんの人、国、特に日本みたいにインフラが整っていない国いきなり携帯電話の基地局ができます。そして、中国の会社が作ったスマートフォンが100ドル以下でばら撒かれます。そうやって、今までインフラが整って気なかった、例えばアフリカの山奥の国の人達が、そうやって簡単に世界最高峰の知に触れる機会を持つことになります。当然ながら優秀な人達はインターネットにアクセスして世界最高峰の知を英語ベースで手に入れることになるでしょう。

そして皆さんはその人達と同じ土俵に立って生きていくことになります。おそらく、最初に僕が言った努力をしない人達というのは取り残されていくことになると思います。厳しい社会がこれから待ち受けています。そんな中、これまで生きてきたようにレールの上さえ走っていればいいやと、周りの顔色を見ながら、みんな卒業式にはスーツやネクタイを着て、着物を着て、就職活動ではダークスーツで周りの目を気にしながら、周りと同じように就職活動してればよかった。でもこれからは違います。就職できて安泰だと思っていたらこれは大間違い。みなさんが、一生勤めあげられると思っている会社はどっかで潰れたり、吸収合併されると思います。それを前提に生きてきてください。

そして、これは仕事だけではありません。これから人間関係も大きく変わってくるでしょう、家族制度も大きく変わっていくことでしょう。今の常識は10年後、20年後には全く通用しないようになっている可能性は非常に高いです。そんな時にどうすれば生きていけるのか、それはまず最初に僕が言った通り、情報を自分で収集して自分の頭で考えて行動する力を身に付けることです。そして、常識に縛られないことです。今、皆さんが常識だと思っていることは20年前は常識でなかったこともたくさんある。常識とか道徳とか倫理とか、こういったものっていうのは5年、10年単位で簡単に書き換わります。そして、そのスピードというものはグローバル化で加速していくことになると思います。だけれども、未来を悲観することはないです。未来は僕は、皆さんの心がけ次第だと思います。

私は知っている人からするとジェットコースターのような人生を送ってきたと思われているかもしれません。そして数々の失敗を繰り広げてきたと思っているでしょう。そして例えば部下から裏切られたとか、信頼してた人から裏切られてつらくないですかとか、恨んでないんですか?とかすごく聞かれることが多いです。

でも、僕は悪いことは忘れることにしています。過去を悔やんでも良いことは何一つないです。ただし、これからみなさんどんどん失敗していくと思います。チャレンジをすることは、失敗をする確率も上がるということです。チャレンジしなければ失敗することはないかもしれない、でも成功することもあり得ないです。だから、失敗した時に良い処方箋というのは失敗した段階で再発防止策をとる。2度と同じ失敗をしないようにどうやったら良いのかその場で考える。そして、考えたら酒でも飲んで騒いで忘れる。次の日には忘れる、私もそうしています。

そして、これから自分達がチャレンジすることは必ずうまくいくと思い込むことです。私はよく、皆さんみたいな世代の人達と話す機会が多いです。そして皆さん、僕がさっき言ったグローバル化でこれから道なき道を歩んでいかなければならない、大変だ大変だ、年金は貰えるんでしょうかとか、これから日本はどうなっていくんでしょうかとか、私はとても不安ですという人達がすごく多いです。

だけど、僕は老後のことなんて考えない。老後のことは老後になってから考えましょう。いくら準備してたって50年後のことなんてわかりっこないです。いまから、50年前に出た未来予想図とか、その当時にでたSF映画とか見てみてください。笑っちゃうような描写がほとんどだと思います。人間なんて、5年先の未来でさえも予測できない、僕でさえ予想できない。今から10年前に、みんながスマートフォンを持って歩きスマホとかしながら、ツイッターとかラインをしている未来を想像できましたか皆さん10年前に。だから未来のことを考えることには意味がない、そして過去を悔やんでいる暇は皆さんにはないはずだ。なぜなら、これからグローバル化で競争が激化して、そして未来には楽しいことしかないと思います。

それはどうやったら楽しくできるか、それは今を一生懸命生きることです。なぜ私が、色々なことにチャレンジをして、いろんな失敗をしながら、いろんな人に裏切られながらも、こうやって楽しく生きられているかっていうのは、今を生きているからです。今を集中して生きているからです。

僕は集中すると周りが見えなくなるくらい集中します。まさに寝食を忘れて一つのことに熱中する癖があります。みなさんもそうなってほしいです。これから生きていく上で大事なことは目先のことに集中することだと思います。長期計画なんて関係ないですよ。まずそれをやってください。それをやらない限り、始まらない、何も始まらない。そして、今僕が言ったことを一つの言葉まとめて最後に皆さんへ贈る言葉にしたいと思います。

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

これから大変なことがあると思いますけれども、頑張って一生懸命生きてください。ありがとうございました。

Sponsored Link

堀江貴文さんが伝えたメッセージ

堀江貴文さんは東京大学を中退後、実業家としてライブドアの代表取締役CEOや、SNS株式会社ファウンダーとして活躍してきました。

ところが、2006年1月に証券取引法違反で逮捕、懲役2年6か月の実刑判決が下り、2011年6月に収監されますが、服役中であっても情報を仕入れ、自らの考えを発信し続けてきました。

堀江貴文さんはこれから社会に飛び出していく近畿大学の卒業生に対して、今までの常識とは違う世の中になってきていることや、それをを察知して情報を発信していくこと、目の前のことに全力で取り組んでいくこと、失敗を恐れずに挑戦していくことの大切さなどを伝えてくれました。堀江貴文さんの今までの経験があったからこそ辿り着いた考えとも言えます。

これらの考えは卒業生だけでなく、既に社会人として働いている人や、まだ学生の人などの心も動かし、話題になっています。日本国民全員にとって必要な考え方ではないでしょうか。

 

また、今回のスピーチはたった15分間の短い時間の中で伝えられたメッセージでしたが、これらの堀江貴文さんの考えは本になって出版されています。

刑務所から釈放された後、自由の身となって「ゼロ」からのスタートを切った時に出版された「ゼロ」という本は堀江貴文さんがこれまで何を思いながら生きてきたのか、それらの経験や考え、そして今後生きていく中で必要なこと、働くことの意味などがリアルに書かれている本です。

今回のスピーチで堀江貴文さんが伝えてくれたメッセージの内容をさらに掘り下げて、もっと堀江貴文さんの考えに触れてみたいと感じた人には是非お勧めの本です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。