高校で友達ができない、作り方とは?クラス替えでグループに入れない人も

高校に入学すると全く新しい環境で生活していくことになります。また、新たに学年が繰り上がって新年度を迎える人もいるでしょう。そのような新しい環境での生活がスタートすると、人間関係による悩みが多くなります。

入学したばかりの高校1年生はほとんどの人が誰一人として知り合いがいない状態で始まり、不安を感じています。また、新年度を迎えてクラス替えがあった人は仲の良かった友達とクラスが離れてしまい、一人ぼっちになってしまうこともあるでしょう。

一方で周りはうまい具合に友達ができていたり、グループが出来上がっていたりします。自分一人だけ取り残されているのではないかと不安になってしまい、夜眠ることもできない、朝起きるのも憂鬱になってしまう人が多いです。

Sponsored Link

高校で友達ができない時に考えたいこと

高校に入学したり、新年度を迎えると周りに友達がいない人が多く、不安を感じてしまいます。

友達を作って仲良くしていきたいと考えてはいるものの、友達の作り方が分からず、話しかけようとしてもどのように話しかけて良いのかも分からない人がほとんどです。

しかし、それは自分一人だけではありません。友達が既に一人二人いそうな人であったとしても、自分が感じている不安を周りも感じているものです。

人間関係は変化していくもの

入学式や、クラス替えがあった直後の4月、5月の段階ではまだまだ焦る必要はありません。実はこの時期の人間関係は案外脆いものです。

新しい環境での生活がスタートしたばかりの4月、5月の段階は皆友達作りに不安や焦りがあり、とりあえず話せる人を探そうとしています。ところが、たまたま話した人や友達になれた人と自分と人間性が合うとは限らず、高校生活が終わる卒業式まで常に最初に友達になった人と親交が深くあるとは限りません。

特にこの傾向は入学したばかりの高校1年生によくある現象です。4月、5月の段階はお互いの人間性や性格、趣味趣向が分からず、とりあえず友達が欲しくて接していますが徐々に「自分とは合わないな・・・」と感じて絡まなくなったりしていくものです。

この傾向は基本的に夏まで続き、2学期の10月11月頃になってみると入学式当初に存在していた人間関係やグループに変化が出てきます。つまり、最初に絡みがあった人と全く絡まなくなってしまう可能性もあるのです。

そして、2学期頃を迎えると新たに友達ができていたり、自分と気が合う友達ができてくる時期とも言えます。

Sponsored Link

ゆっくり気長に考えてみる

新年度が始まったばかりの4月、5月のシーズンは何かと人間関係で悩みが多くなりますが、この時期の人間関係は表面的に絡んでいる部分が多いため、そこまで焦らずにゆっくり気長に考えていきましょう。

例え既にあなたの周りでグループができていて、そのグループに自分が入れないとしてもまだまだ新しい環境での高校生活は始まったばかりです。

どうすれば友達が作れるのか、作り方やグループの入り方などが気になってしまいがちですが、自分と気の合う人は諦めない限り必ず見つかるはずです。意外にも今、自分が絡みたくないと思っている人と仲良くなる可能性も十分にあり得ます。見た目や第一印象だけでは相手がどのような人かも分からず、相手も自分のことをどのように考えているのかも分かりません。

どんなに不安や焦りを感じたとしても人間関係というものはそう簡単に築き上げられるものではなく、時間がどうしても必要となってきます。表面的な人間関係を作ることだけに囚われるのではなく、焦らずゆっくり気長に構えて高校生活を楽しんでいけば自然と友達はできてくるものです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。