高校に進学すると中学の友達と疎遠になる?

高校に進学すると中学時代の友達と通う学校が離れ離れになってしまいます。進学先の学校が異なるということは、必然的に中学時代に仲の良かった友達との交流機会が失われるということです。

中学生の頃は毎日顔を合わせて親交の深かった友人とも、高校に進学してしまうと連絡すら取らなくなってしまうことがあります。

Sponsored Link

高校に進学すると中学の友達と疎遠になってしまう?

高校に進学すると高校で新たに友人ができることはありますが、これまで同じ時間を過ごしてきた中学校時代までの友人との交流が減り、疎遠になってしまうのは寂しいことです。

公立の学校に通っていた人にとってはこれまで付き合いのあった小学校、中学校の友人と離れ離れになってしまうケースが多いです。高校に進学することによって全く知り合いのいない環境での生活を初めて体験する人がほとんどであり、友達との疎遠を体感する時期でもあります。

残念ながら高校に進学することによって、中学時代の友人の8割、9割以上の人と疎遠になってしまうことがほとんどでしょう。さらに、今後生きていく中でもう2度と顔を合わせることがない人も出てきます。

しかし、高校に進学したとしても中学時代の友人と繋がりを持つ人もいます。中学時代に本当に仲の良かった友達とは今後、大人になったとしても交流を持つ生涯の友人となる場合もあります。

Sponsored Link

中学時代の友達と疎遠にならない為には?

中学時代の友人と疎遠になりたくない、高校に進学しても友達としてこれからも仲良くしていきたいと思う友人がいるのであれば、定期的に連絡を取ったり、一緒に何か物事に取り組んでみるといった交流の機会を持ち続けることが大切です。

例えば夏休みや冬休みといった長期休暇ごとに中学時代の友達と旅行に行ったり、遊びに行く、ご飯を食べに行くといったことをするだけでも良いでしょう。

中学時代の友達と通う学校が異なり、普段は交流をあまり持てなかったとしてもたまに交流をする機会を作るだけで、その友人との繋がりは強く保ち続けられます。

今後生きていく中で、人生にはあらゆる転機や、大きな変化があるでしょう。しかし、大人になってから知り合う友人と子供の頃に知り合った友達は違います。子供の頃に知り合った友達は特別な存在になりえることが多く、たまに連絡を取って近況を話し合ったりするだけでも、友達との繋がりが強くなり、生涯の友達に変化していくことがあります。

疎遠になりたくない友達がいるのであれば、「もう忘れられちゃってるかな?」なんて思わずに心の殻を破って交流を持つことが大切です。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • 小学校卒業すれば、小学校の友人・知人とは疎遠。
    中学校卒業すれば、中学校の友人・知人とは疎遠。
    高校卒業すれば。高校の友人・知人とは疎遠。
    大学卒業すれば、大学の友人・知人とは疎遠。
     地元にズ~といる人達は、小中高校あたりは付き合い
    あるでしょう。年齢も40才過ぎると、昔の同級生の訃報
    が聞かれます。疎遠ですと、亡くなられたことを知ったのは
    4,5年後になりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。