中学の友達がいない、できない…作り方が分からない時に考えたいこと

中学校生活の中で友達ができない、いないと悩む人は多いです。

小学校までは自然と友達ができていたのものの、中学に入学してから友達との接し方が分からない、作り方が分からないといった状態に陥ってしまい、一人ぼっちで中学校生活を送ってしまうことがあります。

Sponsored Link

中学で友達がいない、できない時に考えたいこと

小学校までは友達がいたのにも関わらず、中学に入ってから友達ができない、接し方が分からない人の原因には、自分が大人になってきているケースがあります。

小学校までは何も考えなくとも無意識に相手とそれなりに接していくことができたにも関わらず、中学生になってから対人関係に不安を感じる人は多いです。中学校に進学して心身ともに成長してくると、考えや思慮が深くなり、大人になっていきます。つまり、今まで気にもしていなかったことが気になったり、遠慮してしまうことが出てくるのです。

中学生は年齢的に反抗期や、思春期に突入する時期であり、自身の思考に個性が芽生えてきたり、周りと自分との違い、相手との距離感などに戸惑う時期でもあります。考えが大人になってきたことで相手や自分のことをよく考えられるようになり、そのような時期だからこそ、逆に友達との接し方が分からずに友達ができなかったり、友達の作り方が分からなくなってしまうことがあります。

Sponsored Link

友達の作り方は深く考えない

上記のような状態に陥ってしまうと友達の作り方などが気になってきてしまいがちですが、友達には作り方などといったものはありません。友達は意図して作っていくものではなく、周囲の人と交流を持ち、お互いのことを知ることで同じ時間を過ごし、自然と友達になっていくものです。

無理に友達を作る方法などを考えても、考え過ぎて逆に友達とギクシャクしてしまいます。友達は作るものではなく、自然と友達になっていくものなので、自分に無理や演技を強いらせないようにしましょう。

そして、自分と気が合う人を見つけてください。「類は友を呼ぶ」といった言葉があるように、自分の性格やタイプが似ている人とは気が合いやすく、趣味が同じで話が弾みやすかったりします。そのような人とは無理に「友達を作る」といった考えに陥らずに、自然体で友達になっていくことができたりします。

 

自分を客観視してみる

友達ができない原因には自分が他人から見て、あまり友達になりたくないと思われる要素を持っていることがあります。実際に自分が周囲の友達から思われている自分に対するイメージや印象と、自分が想定している周囲からの目は全く違っていたりすることがあります。

例えばいつも陰で友達の悪口を言っている人には、あまり近寄りたいとは思わないでしょう。しかし、無意識に自分が友達の悪口をよく言っていたりすることがあります。

人に言われて初めて気づくことは多く、自分を客観視してみることで友達ができない原因を探ることも大切です。

また、表情も大切です。いつも暗い顔をしてる人と、いつも笑顔の人とでは友達になりたいと考えるのは明らかに笑顔でいる人の方を選ぶでしょう。

自分がいつもどのような表情や格好で周囲から見られているのか、自分の普段の態度や言動はどういったものなのかを今一度振り返って考えてみることで、自分に友達ができない原因が発見できるかもしれません。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。