夏バテは5月6月でも起きる?夏バテになる原因症状や対策!

日差しが強かったり、暑い日が多くなってくる5月、6月。

この時期は体がだるく感じたり、食欲がない、動く気力が出ないといった症状を感じてきます。

このような時に自身の体に何が起きているのか分からない人が多いですが、実は夏バテになっている可能性があります。

Sponsored Link

夏バテは5月、6月でもなる

夏バテは特定の原因や症状のあるような、はっきりとした病気ではありませんが、春から夏の季節の変わり目にも症状が確認される自律神経系の乱れです。

夏バテの症状は主に

  • 体調が優れない、だるい
  • 動く気力が沸かない
  • 食欲がない
  • 睡眠がとれない
  • イライラする
  • 熱っぽい
  • 立ち眩みや眩暈を感じる
  • 下痢
  • 便秘

などといった症状が出てきます。

夏バテになってしまう原因

夏バテになってしまう大きな原因として挙げられるのは屋外と室内の温度差です。
冷房の効いた室内と屋外の温度差によって体温の変化が大きくなり過ぎてしまうことから、自律神経が乱れてしまい、上記のような症状が出てきてしまいます。

つまり、まだ夏になっていない5月、6月の時期であっても暑い日が続くと夏バテになってしまう可能性は高いと考えられます。

また、水分補給をしていないと汗がうまく出せない状態に陥り、体に籠っている体温を放出することができなくなってしまいます。
体内の水分が不足していると発汗することができずに、体温が上昇し続け、体のメカニズムに狂いが生じてくる為、水分補給をしないことも夏バテの原因に繋がります。

これは夜の就寝にも同じことが言え、人が睡眠をする時は体温が下がりますが、暑い日が続いて水分補給もしていない状況が続くと、体温がうまく下げられずに寝つきが悪い日が多くなります。
結果的に、睡眠不足が続くと自律神経の乱れを加速させてしまう為、暑い日の寝つきの悪さも夏バテになってしまう手助けとなってしまいます。

Sponsored Link

意識しておきたい3つの夏バテ対策

夏バテになってしまう原因を踏まえて意識しておきたい3つの夏バテ対策を紹介致します。

冷房は控えめにする

屋外と室内の温度差によって自律神経が乱れてしまうことが夏バテになってしまう最も大きな要因となっている為、日頃から冷房の温度調節には気を配っておきましょう。

屋外と室内の温度の差が5度以内になることを目安にしておくことがベストでしょう。
もし、屋外の温度が高すぎて室内の温度と5度以内に合わせられない時は、室内に入ってから徐々に温度を下げるように意識していきましょう。

暑い日の屋外から冷房のよく効いている室内に入ったときは冷た過ぎて心地が良いと感じますが、瞬間的には気持ちが良くとも、体にとっては自律神経の乱れに繋がってしまう為、あまり良いものではありません。

水分補給をしっかりする

夏バテ対策には水分の補給が必要不可欠です。

少量で良いので1時間に1回は水分を補給し、大量に汗をかく運動中や、入浴前、就寝前といった時にも積極的に水分を補給しておきましょう。

また、水分補給としてビールを飲む方もいますが、ビールは飲んでいる時は気持ちが良いものですが、アルコールは水分補給にはならず、逆に水分をより多く必要としてしまう飲み物である為、夏バテを感じている時のビールの摂取はなるべく控えた方が良いでしょう。

睡眠環境と整える

夏バテ対策として快適な睡眠環境を整えておくこともポイントです。

夏は冬に比べて睡眠の質や、寝つきが悪くなってしまいがちである為、夏バテにならない為には意識的に睡眠環境を良くしておく必要があります。

就寝する前には寝室に27~28度ほどの冷房をかけておき、1、2時間程度のタイマーを掛けて睡眠に入ると良いでしょう。
就寝してから起きるまでずっとクーラーをかけていると体が冷えてしまう為、一晩中クーラーを掛けるのはやめておきましょう。

また、就寝する前に入浴をして汗を洗い流しておくと、皮膚に汗がついていて体温が籠りやすくなってしまうといった状況がなくなる為、入眠する際の体温の低下が促進されます。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。