夏バテの症状で息苦しい、微熱を感じた時にすべき3つの対処法

暑い日差しが降り注ぐ気温の高い日は夏バテになってしまう人が増えます。

夏バテには呼吸をしようとしても浅い呼吸しかできずに息苦しさを感じたり、微熱が出る症状があり、これらの症状は夏バテになってしまった人に多く見られる症状です。

Sponsored Link

夏バテの症状で息苦しい、微熱を感じる原因

夏バテになってしまう原因には

  • 日頃の生活習慣(睡眠・食事)
  • 冷房・クーラーの急激な気温の変化による自律神経の乱れ
  • 水分補給

などといったあらゆる要因が絡んできます。

特に室外と室内の気温の急激な変化による自律神経の乱れが夏バテになってしまう原因になり得ることが多く、どんなに暑い日であろうとも、室外から極度に低い設定気温の冷房室内に入る時は注意が必要です。

体は常に一定の体温を保とうとしているため、肌に触れる気温の急激な変化は体にとって大きな負担となり、それが続くと夏バテになってしまうのです。

Sponsored Link

息苦しい、微熱を感じた時の3つの対処法

体を直接冷やさない?

夏バテになった時は体を冷やすのが良いと言われています。

よくあるのが、首の後ろといった太い血管が通っている部分に冷たいタオルを当てて体を冷やすといった夏バテの対処法がありますが、直接冷たいタオルで体を冷やすと逆に夏バテの症状が悪化してしまうケースがあります。

このような直接的にタオルで体を冷やすといった対処法を行うと、体は熱を外に逃がさないように筋肉を硬くしてしまいます。つまり、熱が体に籠りやすくなり、心臓の負担が増えてしまうことがあるのです。夏バテによってうまく体内の熱を外に出すことができなくなっている状態で、このような直接的な対処法を行ってしまうと体が余計に熱を体外に出せなくなってしまいます。

体を冷やしてくれる食材を食べる

夏バテになった時はやはり応急処置的な対処ではなく、根本的な部分から夏バテを解消していく必要があります。食事をしっかり摂り、生活習慣の見直しをしていくことが大切です。

夏バテ対策にはビタミンB1の摂取が大切となってきます。ビタミンB1は炭水化物に含まれている糖質をエネルギーに変えるだけでなく、老廃物を退社 して疲労を回復されてくれる働きがあります。また、食欲を増進させてくれる働きもある為、ビタミンB1は夏バテ対策にうってつけの栄養素となります。

ビタミンB1がよく含まれている食材は大別して肉類、穀類、海藻類、豆類、種実類に多く含まれています。

夏バテに効く食材としてよく挙げられる食材は以下のような食材となります。

  • うなぎ
  • 豚肉
  • ニラ
  • にんにく
  • トマト
  • きゅうり
  • レバー
  • 梅干し

これらの食材には夏バテを解消するのに良い成分が多く含まれており、夏バテを根本的に解消し、予防にも繋げていくことができる食材として考えられています。

睡眠環境を整える

生活習慣の見直しとして大切なのが食事に合わせて睡眠があります。

夏場は熱帯夜になってしまうことが多く、質の良い睡眠が取れなくなってしまいがちです。睡眠によって体の疲労回復ができなければ、夏バテによって乱れがちな自律神経の乱れが余計に加速していってしまいます。

人間は睡眠に入る際に体温が低下する為、寝る時に部屋の温度や湿度が高いと体温を下げることができずに心地よく入眠することができません。寝る前にクーラーなどを入れて睡眠がしやすい環境にすることで体が疲労回復がしやすくなり、夏バテの症状の解消に繋がります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。