犬の夏バテ症状や原因対策!嘔吐、吐く、食事を食べない時の対応

暑い日が続く夏場は夏バテの心配が出てきます。夏バテになってしまうのは人間だけに限らず、ペットである犬も夏バテになってしまう可能性があります。

犬は言葉を喋ることができない為、飼い主の方が犬の状況を見て、把握して、管理してあげなければなりません。特に夏バテの症状は突然やってくるものではなく、徐々に症状が引き起こされていくものなので、犬の夏バテ症状などを知らないと対策もできません。まずは犬の夏バテ症状を知っておきましょう。

Sponsored Link

犬の夏バテ症状とは

犬の夏バテ症状には大まかに以下のような症状があります。

  • 食欲がない、ご飯を食べない
  • 元気がなく動かない
  • 呼んでもあまり反応をしない
  • 下痢や便がゆるい

犬は人よりも暑さに弱い生き物である為、夏場の暑さ対策が必要となってきます。夏バテは数時間で突然、症状が出て体調が悪くなる熱中症とは異なり、数日~数週間の積み重ねによって夏バテの症状が出てきます。

日頃からわんちゃんの状態を確認して飼い主の方が夏バテになっていないかを判断してあげましょう。

夏バテになる原因

冷房やクーラーなどといった屋内と屋外の急激な温度変化のある環境にいたりすると、人間同様にわんちゃんの体には大きな負担が掛かります。

犬の体は一定の体温を保とうとして体内の熱を放出したりしますが、肌に触れる温度や湿度が突然切り替わる環境で生活し続けていくことで継続的に体への負担が掛かり、自律神経が乱れてしまいます。これが、夏バテになってしまう原因であり、暑いから夏バテになってしまうというわけではありません。

また、夏バテは人間と同じく、食欲の減衰と水分不足によってさらに症状が加速していきます。体内の水分とミネラルの欠如も夏バテの原因となる為、わんちゃんの水分補給の管理も必要となってきます。

Sponsored Link

犬が嘔吐、吐くときの対応

夏場にわんちゃんが嘔吐、吐くといった症状が見られる時に「夏バテかな?」と思ってしまうことがありますが、嘔吐や吐くといった症状が出た時は熱中症の可能性を疑った方が良いでしょう。

熱中症の症状

  • 呼吸が浅くて早い
  • 舌が口の横から出るほど口を開いている
  • よだれが垂れていたり、泡を吹いている
  • 動かない、呼んでも反応しない
  • 痙攣やてんかんのような症状が見られる
  • 嘔吐、吐く

などといった症状が見られた時は夏バテではなく、熱中症である可能性が高いです。

熱中症は急激な熱感作によって数時間でわんちゃんの体調が悪くなります。体温の上昇がさらに続くと脱水症状にも繋がっていく為、夏バテに比べて熱中症は早急な対応が必要であり、命に関わる症状です。

もし、急激な体調の変化がなく、継続的に嘔吐、吐くといった症状が見られるときは夏バテによって吐いているのではなく、他の要因によって引き起こされているケースもある為、獣医の方に診てもらうことをお勧めします。

わんちゃんは大切な家族の一員です。体調が悪いのにも関わらず、自己判断で浅はかにわんちゃんの状態を見定めてしまうより、獣医の方にしっかり診てもらい、検査をした方が後々後悔してしまう可能性も減ります。

犬がご飯を食べない時の対応

夏バテによってわんちゃんがご飯を食べないことはよくあります。犬は冬場に比べて夏場の食事摂取量が減りますが、あまりご飯を食べなさすぎると夏バテの症状が加速してしまう為、飼い主の方がわんちゃんの食事管理をしてあげましょう。

わんちゃんがご飯を食べない時は涼しい時間帯に食事を与えることを心掛けましょう。犬は季節によって食事量が変わるように、涼しい時間帯に食事を与えた方がご飯を食べてくる傾向にあります。

また、夏バテ対策として水分を補給させる意味合いではウェットフードを与えてあげるのも良いです。水分は水を飲む以外に、食事で水分補給をすることができます。普段ドライフードを食べているわんちゃんにとっては、ドライフードに合わせてウェットフードが入っているご飯は非常に魅力的に映る為、食欲の増進も期待できます。夏バテ対策の水分補給と食欲増進ができて一石二鳥です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。