夏バテ対策!頭痛が何日も続く、治らない原因!チカチカ、後頭部が痛いのはなぜ?

夏は熱中症や夏バテの症状で悩む人が増えます。

特に夏バテによって頭痛の症状が引き起こされてしまうだけでなく、その頭痛が何日も続いてしまう人は多いです。

頭痛が何日も続くと普段の私生活にも支障が出て、日々の集中力の低下にも繋がってしまいます。そこで、夏バテで頭痛になってしまった時の対処法や、何日も頭痛が続いてしまう、チカチカしたり、後頭部が痛くなる原因などを紹介していきます。

Sponsored Link

夏バテで頭痛になってしまう原因

夏バテの症状は暑さによって引き起こされるものだと考えられがちですが、夏バテによって頭痛などのあらゆる症状が出てくる原因は自律神経の乱れや睡眠、栄養不足によって引き起こされています。

人間の体は常に一定の体温に保とうとする働きををしていますが、夏場は暑い日が続くために一定の体温を保つためのエネルギーを多く消費し続けます。

特に夏場は冷房・クーラーによって急激な温度変化が生じる環境が増えます。つまり、室内と室外の温度、湿度の差が激しい環境で生活することがある為、体は突然の温度変化によって体温の調節をしていくことが難しくなっていきます。

これが酷くなると自律神経が乱れていき、体内の熱の管理ができない夏バテ体質に陥っていき、頭痛が引き起こされます。

夏バテの頭痛とは

夏バテといっても頭痛が引き起こされる原因は人によって様々であり、頭痛にも種類があります。

  • 緊張型頭痛
  • 偏頭痛

夏バテによって引き起こされる頭痛は、これら2つの頭痛が多いと考えられます。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は主に後頭部から首筋にかけてぼーっとするような頭重感を伴った痛みや、圧迫感、緊張感を感じる症状がだらだらと持続します。

緊張型頭痛になる原因は精神的なストレスや疲労などであり、筋肉が収縮して血管を圧迫していたり、血液の流れが悪いと引き起こされます。

夏バテになると太い血管が通っている首などを冷やすと良いといった考えがありますが、直接体を冷やす行為は頭痛の原因となる筋肉の収縮や、血管の循環が悪くなってしまう為、結果的に頭痛になる手助けや、夏バテ体質により近づけてしまう行為になりかねません。

偏頭痛

偏頭痛は脈に合わせてズキズキ痛む頭痛です。頭痛がする前に食欲不振、目がチカチカするといったちらつき症状が出ることもあります。

偏頭痛はめまいや吐き気、嘔吐を伴ったり、音や光に敏感になりやすい傾向にある為、周囲の音がガンガン響くような音過敏や、光がまぶしくチカチカする光過敏の症状があれば、偏頭痛である可能性が高いでしょう。

夏バテによって目がチカチカしたり、めまいを感じた場合は偏頭痛であることが多いです。

Sponsored Link

頭痛が治らない、続くのはなぜか

夏バテと頭痛は日頃の生活習慣が原因となっていることが多く、夏バテと頭痛には密接な関係があります。つまり、夏バテ対策をしっかりと行っていくことで、頭痛が続く、治らないといった状況からも脱却していくことができます。

夏バテになってしまう人は日頃の睡眠の質が悪かったり、屋内と屋外の温度差による体の負担などから身体的な疲労が積み重なっている状態にある人がほとんどであり、寝不足やストレス、過労などが原因となる頭痛を二次的に引き起こしてしまうと考えられます。

頭痛が続く、治らないという方は夏バテ対策をしっかりと行い、就寝する前に28度程度の冷房を入れて快適な睡眠環境を整えたり、夏バテ対策に効くビタミンB1などが含まれている食材を積極的に摂取していくといった夏バテ対策をしていくことで、生活習慣が改善されて頭痛も治る可能性があります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。