熱中症の発熱が下がらない…症状は何日続くもの?翌日に発熱することも

暑い時期に気を付けなければならない熱中症。

熱中症は暑い日差しが降り注ぐ夏場に頻繁に症状が確認され、熱中症は放っておくと死に至る危険性もあります。

熱中症の症状の中でもよくあるのが発熱であり、なかなか微熱が下がらない、症状が何日も続くといった症状がみられます。

Sponsored Link

熱中症で発熱が起きる原因

熱中症は人間の体温調節と密接な関係にあります。

人間の体は体温が気温よりも低い場合、肌から空気中に熱がうつり、体温の上昇を抑える働きがあります。また、湿度が低い場合は発汗によって熱が体の外へ逃げる働きをして体温管理をしています。

熱中症になってしまう原因は、この体温の調節ができなくなってしまうことにあります。
炎天下の中で激しい運動などをしている時に水分が足らずに、発汗による蒸発ができない状態にあると体温が上昇し続けます。
さらに熱が上昇し続けると体温調節機能が作用しなくなり、皮膚からの熱放出や発汗ができなくなってしまいます。

体温調節機能に異常をきたしてしまうと、本来ならば暑いときに体の熱を放出する機能がうまく作用しなくなり、体温の上昇による発熱が起き続けます。
熱中症の発熱は風邪のような脳からの指示による意図的な体温上昇ではなく、水分不足による体温管理ができなくなったことによる発熱である為、体内の水分や塩分の補給は夏場には欠かせません。

Sponsored Link

熱中症の発熱症状は何日で治る?

熱中症の発熱症状は体中に十分な水分が行き渡り、電解質補正ができるようになれば長引いても2,3日で治ると考えられています。

しかし、数日で治るとはいえ、熱中症による発熱は風邪の発熱のようなウィルスと戦う為に体温が上昇しているのではなく、体温調節ができなくなっていることによって体温が上昇している状態である為、安易な考えでそのまま発熱症状を放置するのは危険です。

熱中症に罹り、数日後にまた炎天下の中で水分補給をしない無理な活動をするといった状態が続けば、慢性的に体への負担がかかり、更なる症状の悪化を招きます。

人間の体は基本的に風邪の発熱時の体温は41.5度以上には上がらない仕組みになっていますが、熱中症の場合は体が体温のコントロールをすることができなくなっている状態にある為、生命の危険ラインと考えられている42度以上になることがあります。

熱中症の症状が確認されたら素人判断で熱中症を放置するのではなく、医師の方に診察してもらうことが何よりも大切です。
熱中症はいつも軽い風邪のように「一度症状が消えたからもう大丈夫」といった考えを持っていると、気づかぬうちに体の負担が蓄積されていきます。

熱中症の発熱が続く、下がらない原因

熱中症の発熱が続く、下がらない原因は体温調節機能が回復していないといった考えがあります。

夏場はクーラーや冷房による屋内と屋外の急激な温度変化の激しい環境で生活していくことが多く、体が一定の体温を保つ負担が大きくなり、自律神経が乱れて体温管理ができなくなってしまう人が多いです。

これは熱中症になってしまう原因でもあり、熱中症の発熱が続く、下がらない原因でもあると考えられています。一度熱中症にかかってしまった人は脳の体温調節の仕組みが一時的に壊れていたり、神経にダメージが起きているといった説があります。

>>熱中症の微熱が続く3つの要因

熱がすぐに下がるケースも

熱中症によって発熱が起きたものの、すぐに熱が下がるケースもあります。

ただし、熱中症で発熱をしてすぐに熱が下がったとしても、翌日からまた活発に活動を始めたり、激しい運動をすることは危険です。

熱中症によって体温が高くなると大腸菌で作られた内毒素が血液中に漏れ出ており、体温が正常に戻ったとしても体の抵抗力はまだ完全に元に戻っているとは言えません。

一度熱中症にかかった人はその後も熱中症になりやすい状態にあると考えられます。
熱中症の発熱症状が回復したとはいえ、翌日からまた元気に炎天下の中で激しい運動をする行為は熱中症の発熱症状が無駄に続いたり、熱がなかなか下がらない原因になる為、注意しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。