新国立競技場はなぜ必要?いらない、反対の声が多数!

2020年に開催される東京オリンピック会場の新国立競技場があらゆる問題を引き起こしています。

これまで日本はオリンピック開催地が東京になることを目標に、日本の良さなどをあらゆる手段やアイデアを駆使して世界に訴えかけてきました。

そして日本は2020年に開催されるオリンピックを東京で行える権利を獲得し、一時日本にとって喜ばしいニュースが飛び交いました。

ところが、最近になって問題視されてきたのが新国立競技場の建設費用が莫大なものであり、なぜここまでして新国立競技場の建設に力を入れなければならないのか?といった疑問や反対の声が出てきています。

Sponsored Link

新国立競技場は本当に必要なのか?

新国立競技場の建設費用は2,520億円まで膨らんでいることが、日本スポーツ振興センター(JSC)の有識者会議で明らかにされています。

JSCは新国立競技場の近未来的で斬新なデザインに固執している部分があり、特に巨大アーチの部分が難工事を招き、ここまでの費用増大に至っています。

ここまで莫大な建設費用となってしまうと、東京オリンピックを開催する為の新国立競技場ではなく、新国立競技場を建設する為の東京オリンピック開催とも言えてしまいます。

さらに疑問なことに、新国立競技場の問題はあらゆる話題に発展していき、誰が建設費を負担するのか、その負担や税金はどのようにして賄うかといった話に展開されています。

しかし、新国立競技場の問題で国民の多くが望んでいることは「莫大な建設費用に対するの問題解決」であり、上記のような責任問題の明確化ではありません。

誰が悪いのか、どのようにして問題を縮小させるのかといった本質的な問題解決に繋がらない話ばかりが進み、新国立競技場の問題は解決されないまま、見切り発車の工事が開始されてしまっています。

Sponsored Link

なぜデザインの変更をしないのか

デザインの変更をしないのには有識者達が問題の解決に真正面から立ち向かっていない状況があります。

新国立競技場のデザインはここ最近で決まったものではなく、民主党政権時代に決定されたものでした。つまり、自民党側の人間は「デザインは民主党が決めたことであり、我々にはその費用も金額も知らされていない」といった責任の押し付け合いをしているのです。

国民にとって誰に責任があるのかどうかは関係なく、現政権である自民党がこの問題に対して取り組んでいかなければならない状況にあるはずが、それに対する動きが見られません。

なぜデザインの変更しないのかといった疑問は国民の中で高まりつつあり、その負担を強いられるのは未来の若者たちであることに間違いはありません。

反対運動の流れも少しずつ出てきています。

 

見切り発車の工事 ゼネコンはどこか?

新国立競技場のデザインに対する反対の意見は多く、デザインがダサい、やり直しや変更などを求める声が多くあります。

しかし、そのような声をJSCは一切受け入れず、デザインの変更はせずに完成時期も従来より2ヶ月遅れての2019年5月末となる計画見直し案を報告して見切り発車の工事が10月から開始されます。

JSCは大手ゼネコン2社と初めて契約を交わしており、スタンド部分は大成建設、屋根のアーチ部分などは竹中工務店が担当します。

莫大な建設費用を払うのは国民

JSCもデザインの変更は考えておらず、費用がどれだけ掛かろうとしても今のデザインで新国立競技場を作り上げることを目的にしています。

現在のデザインをやめるか、やめないかといった考えはなく、その責任は文科省に押し付けているだけです。

国民にとって誰があの建設費用の責任を負うかどうかは一切関係なく、本当に重要なところは莫大になり過ぎている建設コストを如何に抑えて、良いデザインに変更できるかが何よりも必要とされているのですが、デザインの決定権を持っている政治家達にはその声が届いていないようです。

結局、建設費用を払うのは国民が汗水流して働いたお金で賄われてることに変わりはありません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。