会社やホテルの忘年会で失敗しない女性服装マナー!タイツやスカートはどうする?

忘年会は一年の苦労を忘れる為に年末に行われる宴会ですが、会社や取引先、内定先などの忘年会に参加したりする時には注意が必要です。忘年会といえどもそれは今後の仕事の人間関係を左右することもあるので羽目を外し過ぎないようにしなければなりません。

女性はタイツやスカート、さらにアクセサリーなど選択肢が多い分、状況に合わせた服装を選択していくことが難しいので、会社やホテルの忘年会で失敗しない女性の服装マナーについて紹介致します。

Sponsored Link

失敗しない女性の忘年会服装マナー

忘年会の服装において大切なことは目立ち過ぎないことです。ただし、一概に忘年会といっても会社によって忘年会の雰囲気は変わってきますので、状況に合わせた服装が必要となってくることもあります。

事前に会社からの知らせに服装に関する情報が出ていることもありますので、まずは忘年会の情報を確認してみましょう。

また、昨年忘年会に参加していた人に昨年の忘年会の様子を聞いておくだけでも服装のイメージが付きやすくなります。

職場の人の服装を見る

もし事前に服装の情報が分からなかったとしても目立ち過ぎない無難な服装をしていけば何か問題が起きることはないでしょう。特に新卒で内定先から忘年会の誘いがきた場合などは服装が分からないことも多々あると思いますが、スーツでも全然問題ないです。

しかし、会社によってはスーツを着ていくと浮いてしまうこともあるので職場の人の服装を見ることが大切です。スーツを普段の仕事で着用しない業種などであれば皆さん忘年会にスーツを着用してこないケースもあると思います。

私服で行く時は派手過ぎず、大人なビジネスカジュアルファッションが好ましいですね。色合いは目立ち過ぎない落ち着いた色合いが良いです。

私服といえども子供っぽく、露出の高い服装は避ける

忘年会は上下関係を忘れて楽しく無礼講などと言いますが、だからといって私服は何でも良いというわけではありません。露出度の高い服装や子供っぽさを感じる服装は避けたほうが良いです。肩や胸元が大きく開いていたり、生足、丈の短いスカートは禁物です。

特に忘年会の会場が居酒屋などでお座敷ですと足元に視線が集まってしまいますのであまり良くありません。どうしてもスカートを履いていきたい場合は黒タイツで露出度を下げ、膝丈スカートなどで清楚感を出していきましょう。レギンスやトレンカなどはNGです。

また、自分は大丈夫だろうと思える感覚の服装でも年配の方にはあまり良い目をされない服装もあるので注意です。水玉やフリルのついた服装は年配の方からすれば子供っぽ過ぎると見られたりしますのでやめておきましょう。

色は落ち着いたもの、柄ものはあまり目立たないものが良いですね。

Sponsored Link

 

会場や色合いに合わせてアイテムを変えていく

忘年会の会場がホテルなどであれば良いですが、居酒屋などのお座敷ですと靴は着脱にもたつかないパンプスやショートブーティなども良いですね。足元に目を行かせないようにトップに小さなコサージュをつけたり、ネックレスや髪飾りをつけるのも男性ウケが良いです。

服装が地味になり過ぎて全体的にイメージが暗くなり過ぎている場合はアクセサリーや鞄で少し明るさを保つのもアリです。

ホテルではカジュアル系はNG

忘年会をホテルで行うとなると規模が大きく、普段接点のない他の支店の人達とも会う機会があったりします。わざわざホテルで忘年会を行うのには重要な発表があったり、盛大な宴会 にすることでより良い社内交流も含めている部分もあると思いますから、身なりも普段よりお洒落な雰囲気の方が良いですね。忘年会がホテルで行われる場合はカジュアル過ぎるものはやめておきましょう。

  • トレーナー
  • パーカー
  • デニム
  • デニムスカート
  • ジョートパンツ

などといった普段の私服で使うようなものは避けたほうが良いですね。「この服装大丈夫かなあ・・・」と不安に感じるカジュアルな服装はなるべく避けるべきです。

ホテルでの服装では困ったらワンピースがお勧めですね。普段はあまり切れなかったりする薄いピンクや鮮やかな色のワンピースは人気が高い印象があります。ただし、あまり目立ち過ぎてもいけないのであくまでも落ち着いた清潔感のあるものを選びましょう。

靴にも気を遣う

靴は普段の仕事の中ではあまり見なかったりしますが忘年会といった特別な場では足元まで見られることもあります。せっかく上下で良い服装していたとしても足元の靴に汚れがあると一発でマイナスイメージになってしまったりします。

会場が居酒屋など気軽な場であれば良いですがホテルなどの催しの場ではブーツは非常識な履物となってしまいます。足の平が見えるようなスッキリした靴が好ましいですね。

最後に

服装に困った時は無難な色・柄の服装が一番です。色に悩んだ時は落ち着いた色にしておけば問題なく、黒であれば細く見せる効果もあります。

女性は可愛さを出していきたいものの、あまり目立ち過ぎてもいけない空気があったりしますので難しいところですが、会社の雰囲気や周りの服装に合わせて丁度良い服装をチョイスしていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。