2015年のインフルエンザ予防接種はいつからか?価格や時期

インフルエンザは毎年、12月~翌年の3月頃まで流行します。

2015年もインフルエンザが流行すると考えられ、事前に予防接種を打って対策をしておきましょう。

Sponsored Link

2015年のインフルエンザ情報

インフルエンザに感染する患者は毎年、9月頃から出てきます。

2015年のインフルエンザ患者も9月の段階で徐々に出始めてきており、千葉県の木更津市内の私立小学校では9月17日、18日の二日間で学級閉鎖となっている状況です。

今後、さらにインフルエンザに感染する患者は増えてくる見込みであり、インフルエンザの患者が多くなる12月のピークまでにはインフルエンザの予防接種を打っておくのが良いでしょう。

インフルエンザ予防接種の開始時期

毎年10月頃からインフルエンザワクチンの接種がスタートしています。

インフルエンザの予防接種を受ける為には予約が必要な病院もあり、早いところでは9月の中旬頃の段階から予約による受付を開始しています。

大型病院であれば問題ありませんが、中小規模の病院の場合はワクチンの数に限りがあることもあります。また、インフルエンザの流行に伴って病院内での混雑も予想される為、予防接種日程や時間を定めている病院もあります。

価格はいくらか

インフルエンザワクチンの値段は地域や年齢などによって料金が異なります。

2回目の接種に関しては割引や無料といったケースもある為、行きつけの病院に確認してみるのが確実です。

大まかな値段としては昨年度までは2500円前後が平均的なワクチンの値段とされるデータもありましたが、今年はワクチンの値上げがある模様です。

その背景には2014年までは3価のインフルエンザHAワクチン(A型が2種類、B型が1種類)が使用されていましたが、今年からは4価(A型が2種類、B型が2種類)のワクチンに変更されていることが挙げられます。

このワクチンの変更によって価格を5,000円ほどまで引き上げて接種料金の見直しを行っている病院もあります。

引用:インフルエンザ予防対策

一般的にインフルエンザのワクチン接種は10月以降となるため、インフルエンザのピーク時期となる12月までに予防接種を受けておくことをお勧めします。

特に年齢の低い子供や乳児はワクチンを1回接種しても十分な免疫力がつかない為、2回接種することがあります。

2回接種する為には接種期間を早くても1週間~2週間ほど空ける必要がある為、インフルエンザが流行する前に余裕を持って予防接種スケジュールを確保しておきましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。