ココナッツオイルの効能と副作用!肌や髪などに効く6つの効果!

最近美容効果や料理にも使えるとしてココナッツオイルが話題になっていますね。

ファッションモデルで世界的に有名なミランダ・カーさんやローラさんもお勧めしているココナッツオイル。

そこで気になるココナッツオイルが髪や肌などにもたらす6つの効能をご紹介します。さらに、ココナッツオイルを使用する上で発生してくる副作用はあるのか、摂取量はどれぐらいが良いのかなどにも触れていきます。

Sponsored Link

ココナッツオイルの6つの効能!

 肌のうるおい美肌効果

ココナッツオイルは名前の通り「オイル」なので保湿効果が抜群で肌のうるおい効果が期待できます。ビタミン要素が非常に多く含まれている為、乾燥対策になるだけでなく、かゆみや赤みなどの肌荒れ防止にもなります。寒い時期は特に肌が乾燥しやすいので冬場にはぴったりの効能ですね。

他にも新陳代謝に有効なマグネシウムなども多く含まれている為、ココナッツオイルは肌を保湿してあらゆるお肌トラブルから守ってくれます。美肌に欠かせないビタンミンEが豊富でツヤやハリなどの効果も期待できます。

 

紫外線カット効果・老化対策効果

ココナッツオイルは人の肌に対する紫外線も防いでくれる効果があります。やはり南国で育つココナッツは紫外線に対する耐性があるのでしょうか。紫外線を最小限にカットしてくれるので市販されている紫外線カットクリームがなかな合わない方には良いですね。ココナッツオイルは化学製品ではなく、天然もののオイルなので市販のクリームより気軽です。

さらにココナッツオイルには老化対策のアンチエイジング効果があり、抗酸化作用があります。入浴用のバスグッズや美容製品にココナッツオイルのにはこの老化対策のアンチエイジング効果があるからですね。自然成分のオイルなのでお気に入りの美容製品と一緒に扱うこともできます。

Sponsored Link

ダイエット効果・便秘改善効果

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸という脂肪酸を多く含んでおり、摂取して脂肪になる前に燃焼し、小腸の働きを良くしてくれる働きを持っています。体内の脂肪分解、燃焼効果を促進してくれると代謝効率も上がります。

太ってしまう原因には腸からの栄養分が上手く吸収されずに基礎代謝が落ちてしまうことがある為、ココナッツオイルによってそれらの吸収の働きを改善し、基礎代謝を上昇させるということです。

小腸の活動が活発になっていくことで便秘の改善効果が見られ、排出効果に期待ができます。便秘は健康に様々な悪影響を与えますが、その中の一つに肌荒れがあります。本来であれば排出されるべき便がなかなか排出されないと、体内に不要な毒素や老廃物が残り続けてしまう為、それが肌荒れの原因になってしまいます。

つまり、ココナッツオイルは肌荒れを引き起こしている便秘を改善させてくれる働きがあることから、間接的に肌の状態を良くしてくれているのです。

 

つや髪効果

ココナツオイルは髪に使用することもできます。ココナッツオイルを髪に使用することによって髪にツヤが出るだけでなく、フケの予防、ココナッツオイル特有の良い香りが漂います。

さらに、ココナッツオイルの香りにはリラックス効果があると言われており、自然成分のココナッツオイルにはあらゆるヘアケア効果が期待できます。

 

 ココナッツオイルの副作用・注意

ココナッツオイルは自然成分なので赤ちゃんにも使えるほど低刺激で肌に優しいものとして扱われていますが、人の肌には合わないこともあります。

体質でココナッツオイルが肌に合わない場合、頭痛や体調が悪くなって気持ち悪くなる、喉が痛くなるなどの様々な症状が出てしまう可能性があります。

これは合う合わないの肌の相性の問題なので仕方のない部分があります。もし、ココナッツオイルを使用して湿疹やかゆみなどが見られた場合は使用するのはやめておきましょう。

 

 

摂取量はどれぐらいが良いのか?

ココナッツオイルの適度な摂取量は1日大さじ2杯程度だと言われています。

ココナッツオイルは様々な方法に使用することができる為、ついついココナッツオイルを摂取し過ぎてしまうこともありますが、何事もやり過ぎには注意です。

ココナッツオイルを普段から愛用しているモデルのミランダ・カーさんの場合は、毎日だいたい大さじ4杯ほど摂取しているようです。

最初から摂取しすぎても体がびっくりしてしまうこともあるかと思いますので、朝と夜の食前に分けて1日にスプーン2杯程度を摂取できれば良いかと思われます。

ただし、オイルはオイルなので最初は慣れないこともあります。ココナッツオイルは甘い香りがするものの、オイルなので口にするのが大変な方もいるかもしれません。そのような場合は、コーヒーなどと一緒に飲んでみて、摂取の仕方にも工夫をしてみると良いですね。

何よりも無理な過剰摂取には注意ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。