忘年会の余興・出し物2015!盛り上がるダンスや面白い歌ネタ5選!

年末になるにつれて社内で話題にのぼってくるのが忘年会です。

忘年会は毎年、新入社員が何らかのネタをさせられたり、面白い余興や出し物を用意する必要が出てきます。

ところがいざ忘年会で余興をするにしても皆にウケる良いネタが浮かんでこない…。

そんな時に参考にしたいネタや、忘年会の余興・出し物で失敗しないコツなどを紹介致します。

Sponsored Link

 

忘年会の余興・出し物が盛り上がる、面白くなるポイント

ネタの選定

忘年会の余興や出し物をする上で重要なのは「何を披露するか」というネタの選定です。

出し物のネタがあまりにも古すぎたり、忘年会に参加する人が知らないネタを披露してしまうと場の空気が盛り下がってしまったり、失敗してしまう可能性が出てきます。

そのような失敗をしないためには忘年会に参加する人が皆知っているようなネタがベストと言えます。

2015年に話題になったようなネタを余興や出し物としてやると、鉄板のネタよりも盛り上がりやすく、記憶に新しいネタであればあるほど、忘年会の余興・出し物にはもってこいです。

2015年の忘年会の余興・出し物まとめ5選!

2015年で話題になった出来事は忘年会で披露するネタとして盛り上がりやすく面白いです。

五郎丸ポーズ

2015年に流行したワードでもある「五郎丸ポーズ」は忘年会の出し物として最適です。

五郎丸ポーズが出て来たのは秋頃の年末より少し手前の時期であり、皆の頭の中にもまだ新しい流行語と言えます。

どこの職場で披露するにしても年配の世代からも、若い世代からも受け入れられやすいスポーツネタです。

さらに、五郎丸ポーズは準備に必要とされる手間が少なく、モノマネ要素を取り入れるとしても服装やラグビーボール程度で済みます。

難易度も高すぎず、準備をする必要性の少ない簡単な2015年忘年会の出し物に相応しいと言えます。

五郎丸に似せるための小物を見につけると、さらに余興・出し物としての面白さが増します。

五郎丸ポーズをするためには最低限以下のポイントを頭に入れておくとやりやすいでしょう。

五郎丸ポーズのポイント

五郎丸ポーズで最も特徴的なのは手の形です。

  • 左右の人さし指の先を合わせる
  • 左手の中指から小指は曲げる
  • 右手の人差し指と小指の先は軽く乗せる
  • 中指と薬指は浮かせる

これらを意識して手の形を作ります。

また、右腕を左右に動かす動作はボールを蹴る足のイメージを作り出すための動作となっているので、そこも意識してできると、より五郎丸ポーズに近づきます。

Sponsored Link

 

8.6秒バズーカ ラッスンゴレライ

2015年に一発屋芸人としてブレイクした8.6秒バズーカのラッスンゴレライネタは忘年会の余興・出し物として非常に合っている歌・ダンスネタです。

2人組で出し物をする必要があり、多少練習をする手間も出てきますが、忘年会らしいコントネタとしては場に合っており、練習によっては出し物として十分なクォリティを発揮できます。

動作は8.6秒バズーカのラッスンゴレライをしながらも、ネタの内容は自身でアレンジして社内ネタを持ってくると盛り上がりやすく、面白さが増してウケやすいでしょう。

ただし、年配の方が多くいる職場などでラッスンゴレライネタを知らない人がいそうな場合は少し注意が必要です。

三代目J Soul Brothers ランニングマン

三代目 J Soul Brothersのランニングマンも今年流行したネタです。

年配の世代にはウケにくい可能性がありますが、若い世代を中心にランニングマンのネタは浸透しているため、職場の環境が若い人で多い場合は非常に盛り上がる余興ダンスになるのではないでしょうか。

全体で踊ることができる出し物になるため、大人数でネタを披露する場合にはランニングマンが今年のネタとして最適です。

やり方としてはヴォーカルを用意しても良いですが、サビが高音で難しい歌であるため、歌が得意な人がいなければダンスのみをやるのも良いでしょう。

とにかく明るい安村

「安心してください、穿いてますよ」でブレイクしたとにかく明るい安村ネタは、女性のいる職場では少々リスクの高い宴会芸になってしまう恐れがありますが、忘年会らしい出し物とも言えます。

このネタをやれる人は限られてしまいますが、用意するものは裸と海パンと体についたお肉のみです。

とにかく明るい安村ネタはリスクを考えなければ、海パン一つでできる簡単さがあります。

日本エレキテル連合

2014年の終わり頃から2015年の年明けあたりをメインに流行していた日本エレキテル連合です。

少々記憶から薄れてしまっている人もいるかと思われますが、日本エレキテル連合のモノマネは忘年会の余興コントらしさを感じさせるメイクやモノマネが披露できるのではないでしょうか。

見た目によるモノマネ要素が大きいため、準備がやや大変な部分もありますが、見た目に関してはメイクによるカバーがあるので再現性を高く保ちやすいです。

喋り方も特徴的であるため、ウケにも期待できます。

日本エレキテル連合の二人のメイクの仕方は、以下の動画でエレキテル連合本人達が教えてくれています。

最後に

忘年会の余興は何かと悩むことが多いですが、どのような出し物をするにしても恥ずかしさを捨てることが大事でしょう。

恥ずかしさを残したままどっちつかずでやってしまうと見ている方も恥ずかしくなってしまいます。

完全になり切って普段とは違う一面を見せてみると、意外性のギャップも出てくるため、面白くなりやすいです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。