忘年会の余興・出し物をやりたくない時の4つの対処法

年末の忘年会といえば余興や出し物が求められます。

特に新入社員などは無理やり余興や出し物を要求されることがあり、忘年会という一年の締めくくりの宴会に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

本当はやりたくないのに上司や、周囲の環境のノリに付き合わされてやるしかないような状況での対処法をご紹介致します。

Sponsored Link

忘年会の余興・出し物をやりたくない時の4つの対処法

忘年会で余興や出し物をやりたくない状況といっても人それぞれ細かな状況があります。

「昔○○をしていたのなら、忘年会で披露してよ」といった無茶振りもあれば、「何か面白いことをやれ」といった漠然とした要求をされることもあります。

そのような状況では以下のような対処をすることで、忘年会の壁を乗り越えていくことができます。

体調の悪さや持病を伝える

忘年会で披露する余興や出し物というものは多岐に渡ります。

もし、あなたの特技といった、やることを指定されて忘年会で披露しなければいけない状況にあり、それをやりたくない場合は、その出し物が今はできない持病や体調の悪さ(仮病)を伝えて回避する方法があります。

例えばダンスをしなければならない時は「実は腰痛で今は踊ることができない」、歌を歌わなければならない時は「風邪をひいていて喉の調子が悪い」などといった状況に応じて余興ができない口実を作ることで、忘年会で出し物をする状況から回避します。

忘年会を欠席する

忘年会に参加すると余興や出し物を要求されてしまう場合は、そもそも忘年会に何らかの理由で参加しないというものです。

ただし、日本の社会風習では忘年会に強制参加しなければならないといった流れが存在しているため、忘年会を欠席するのは難しい状況にある方もいるでしょう。

どうしても余興や出し物をしたくない場合の最終手段とも言えます。

>>会社の忘年会に行きたくない時の理由や断り方。不参加だとどうなる?

Sponsored Link

 

他の出し物や余興をする

どうしても忘年会に出席しなければならず、出し物や余興をすることから回避できない場合は簡単に済むネタやモノマネ、無難に熟せる出し物などをすると良いでしょう。

>>忘年会の余興・出し物2015版|盛り上がるダンスや面白い歌ネタ5選

何らかの出し物を指定されていたとしても、別の出し物を用意してきたとなれば無理やりな要求から回避することができる可能性はあります。

完全に開き直る

忘年会で披露する余興や出し物をやりたくない場合、完全に開き直るという選択肢を一度考えてみるのもアリです。

忘年会は仕事場とは空気が違い、いつもとは違う一面が垣間見える場です。

そのような場で意外な自分の一面を見せることができると、今後の仕事がやりやすくなったり、人間関係が良好になることがあります。

忘年会の出し物のクォリティが高くなくても、やっている人が頑張っているかどうかは見れば分かるものです。

そのような一面を見た人は苦手だとしても、頑張って出し物をしている人に対して良い印象を持つでしょう。

良い印象を持たれると名前を覚えられやすく、コミュニケーションが円滑化します。

忘年会で出し物や余興が嫌な人はたくさにいますが、それを乗り越えた時に生まれてくる人間関係は、今後の仕事で良い結果を招くことに繋がるかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。