会社の忘年会に行きたくない時の理由や断り方!不参加だとどうなる?

忘年会シーズンに入ると忘年会に参加したくないけど参加しなければならないという悩みを持つ人が多いです。特に新入社員の方は会社の忘年会に参加したくなくても強制参加を強いられたり、幹事をやらされると思いきや余興や出し物もしなければならないこともあるので大変ですね。

そこで忘年会に参加しないとどうなるのか、不参加にする為の断り方や理由などを紹介します。

Sponsored Link

忘年会に参加しないとどうなる?

忘年会は一年の苦労を忘れる為に行われる宴会ですが単なるただの飲み会です。忘年会に参加しなければならない謎の風潮が日本にはありますが、忘年会に参加しないとどうなるのでしょうか。

 

会社の人と交流を持つ機会を失う

忘年会に参加しなくて特に怒られたり、変な目で見られない会社であれば無理して参加する必要はないでしょう。

仕事時間外になってまで職場の人達と交流なんて持ちたくないと思ってしまいますが、忘年会は普段仕事以外で接点んを持てない上司などと気軽に交流を持てる良い機会です。忘年会に参加しないことで自ら会社の人との交流を絶ってしまうのは勿体ないですね。

忘年会に参加していればお酒の力で上司とも気軽に話すことができるかもしれませんし、思わぬ進展や今後の仕事に良い影響をもたらしてくれるかおもしれません。

 

疎外感を味わう

忘年会に参加しないことで会社の人との交流に疎外感を感じてしまうかもしれません。忘年会は参加した会社の人達にとってみればみんなで一つの楽しい時間を共有した時間になりますから、その場にいなかったということは新年早々に忘年会を振り返ったりしたときの話題に入っていくことができなくなります。

忘年会を機に意気投合したり、親交が深まったりすることもありますので、自分は参加していなかったけど参加をしていた同期が忘年会を終えた後、上司と仲良さそうに話していることを見ることもあるかもしれません。

Sponsored Link

 

忘年会の断り方・理由

それでも忘年会に参加したくない!という人は忘年会の参加をどのように回避しているのかを紹介します。

家族や恋人が風邪をひいたという

よく身内の不幸で忘年会を断る人もいますが、あれってあまり使いたくない手ですよね。よくある断り方で「嘘をついているんじゃないか」と思われてしまいますし、二度と使えない手であり自分の心もなんだか痛みます。

そこで丁度良いのが家族や恋人が風邪をひいて看病をしにいくという忘年会の回避方法です。お子さんを持っている人であれば子供が風邪で寝込んでいるといえば理解のある人も多いでしょう。

自分が風邪になる

本当に風邪をひいているのであれば良いですがそんなにタイミング良く風邪をひくのは難しいので仮病を使います。当日若しくは前日から体調が悪いようなことをさり気なく周囲に漏らしておけば欠席をする理由作りにはなるでしょう。風邪をひいているときにお酒はあまり体によくありませんからね。

しかし、あまりにもあからさまな風邪アピールは自身の評価を下げる原因になってしまいますので上手くやる必要があります。そんなことをするのは面倒くさいという人は他の手を使うか、諦めて忘年会に参加しましょう。

信頼のできる上司や幹事に正直に言う

本当に行きたくないのであれば正直に断るのもありでしょう。信頼のできる上司や幹事の方に話してみると気を遣って何らかの配慮をしてくれたり、手助けをしてくれるかもしれません。

付き合いの悪い人だと思われてしまう可能性もありますが、直前に人数の変更があったり欠席がでてしまうと幹事の人に迷惑がかかってしまいますからね。

お酒が飲めない・タバコが苦手と言う

少し言いづらい断り方になりますが、喘息持ちなのでタバコを吸う人と同席ができないとか、お酒を医者に止められて飲めないといった手もありです。

風邪や身内の不幸は急きょ欠席といった形になりがちですが、理由を事前にはっきり言っておくことで無駄な会費を発生させることもなく断ることができます。ハッキリと欠席理由を申し上げることも大切です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。