電力自由化とは|仕組みを分かりやすく簡単に!なぜ安くなる?

2016年4月から電力の全面自由化がスタートし、家庭でもどこから電気を買うか自由に選べる時代になります。

TVでも電力自由化に関する番組やCMが流れるようになっていますが、ほとんどの方は「電力自由化によってどうなるのか分からない」といった状況にあります。

私たちの生活に電力は欠かせないものであり、電力自由化に伴って自分の家庭の電気代は高くなるのか、それとも安くなるのか、はたまた電力自由化によって一体何が起きるのかを理解しておく必要があります。

Sponsored Link

電力自由化とは?

これまでの日本は電力会社が電力に関する全てのことを行っていました。

  • 発電所での電気の生産
  • 送配電設備による電気の配送
  • 事業者への電気の小売り

これら全てを電力会社が独占して行っていたことで各電力会社、住んでいる地域によって電気の小売り値段が異なる状況が起きていました。

2016年4月からは電力自由化によって一般家庭向けにも電気の販売が始まることになります。

それに伴って「電力を提供する」という企業が名乗りをあげてきており、通信会社のauやSoftbank、ガス会社、商社、コンビニ、鉄道会社などが参入してきます。

私たち消費者はこれらのたくさんある企業の中から一つ選んで電気を買うことになります。

ところが、「電気を買う先を選べるようになる」と言われても、私たち消費者にとってはピンと来ないのが正直なところです。

今まで電気というものは当たり前のように供給されてきたものであり、購入する電気を選ぶという考え自体がありませんでした。

突然、電力会社とは全く関係がなさそうなコンビニなどのあらゆる企業が電気を販売するといっても、戸惑いしかありません。

関係のない各企業が突然参入してきた背景には、既存のビジネスの割引サービスなどを付加価値として提供するのが狙いとなっています。

Sponsored Link

電力自由化で消費者の生活はどうなるか

電力の全面自由化によって私たちの生活はまず電気を購入する相手を選べることから始まります。

ただし、電気は電気でしかないため、同じ電気に質の差はありません。

私たち消費者からすれば電気を買う契約先が変わるだけであり、同じ電気量でできることが増えるといったことはありません。

契約の手続きが面倒くさそう・・・

電力自由化に伴って電力を購入する相手先を変更する場合、どこの企業でも手続き自体は簡単です。

契約自体にお金が発生することは基本的にないとされていますが、一旦契約をすると二年間は契約解除することができなかったり、もし解約する場合には違約金が発生するといった携帯電話の契約に近い状況になってくることが予想されます。

また、契約先を変更したとしても、送配電設備はどこの家庭でも同じものを共有しているため、大きな工事が必要とされることはありません。

ただし、家についている電力メーターは電力会社の所有物であることから、元から契約していた電力会社から他の企業に乗り換えをする際には、新しい契約先が使用している新しい電力メーターに切り替える必要が出てくると考えられます。

電気代の値段は安くなる?高くなる?

消費者が一番気になるのは電気代が安くなるか、高くなるかについてです。

電力の質に差をつけられない状況では、各企業間で価格競争に発展していくことが考えられます。

しかし、電気代というものは原油の値段などに左右されるものであるため、電力自由化によって消費者の電気代が大幅に安くなるといったことは考えられません。原油の値段が上がれば電気代の値段も上がります。

消費者が得をする可能性を考えるとするならば、電力の供給に合わせて何らかの付加価値が付いてくるといったケースです。

特に新規参入の企業に関しては電力自体の価格を下げるというよりは、何か別のサービスを付加としてつけていき割引をするといった、セットで割引になるといったパッケージ型の販売方法がメインになってくると予想されます。

電気を販売するライバルが増えるということは、それだけ企業努力が必要とされてきます。

それに伴って、細かい消費者分けがされていき、一人暮らしの方にはAプランがお得、大家族な家庭にはBプランがお得といった細かいプランがより一層増えてくるでしょう。

主なサービスの例としては

東京ガス ガス料金・インターネット料金をまとめることで割引
東急パワーサプライ 東急戦の定期券を購入でポイントを付与
ソフトバンク スマートフォンのデータ量を増量
H.I.S 旅行代金の割引

などが挙げられます。

最後に

電力の全面自由化に伴って今の電気料金の値段が3割も4割も下がるといった状況になることはありません。

従来の電力会社と契約し続けていても大きな損にはならないでしょう。

ただし、上記の例のように自分のライフスタイルに合ったプランを選択していくことができれば、今までよりも少しお得なサービスを受けられることもあるため、これらの情報にアンテナを張っていくことが大切となってきます。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。