電力自由化の選び方|比較する時に知っておきたいポイント

2016年4月からの電力自由化によって、各家庭で個別に電気を購入する契約先を選ぶことができるようになります。

これまでは一つの電力会社としか契約することができなかった為、「電力の小売りをしてくれる会社を選ぶ」という考え自体がありませんでした。

しかし、電力自由化によって電力を供給してくれる会社が数多く名乗りをあげてきていることもあり、これからの時代は自身のライフスタイルなどに合う電力会社を選び、契約をしていく必要があります。

そこで気になってくるのが電力自由化によって契約する相手をどのようにして選ぶかです。

突然、2016年4月から電力の全面自由化が行われると言われても、どのような判断基準を持って会社を選んでいけば良いのか分かりません。

Sponsored Link

電力自由化による会社の選び方

契約期間に縛りがあるか

電力の全面自由化によって電気代が安くなるといった売り文句を各企業がしています。

しかし、電力に質というものはなく、電力によって電気の明るさが変わるといったことはありません。

どこの電力会社と契約をしたとしても、実際に使う電力に差がないわけですから、注目すべき点は電気料金になってきます。

よくある契約プランとしては「2年契約をすると割引がされます!」といったものです。

電力の全面自由化によって各企業は新規顧客の獲得に力を入れてきますから、まずは自社の電力サービスを利用してもらうことに必死です。

そのため、まずはお得に契約をさせようといったプランが用意されています。

しかし、契約期間の制約がつくプランは後々、電力会社を変更するときに違約金が発生してしまうことが考えられるため、実際に契約をしてみたものの不満な点が多く契約先を変更したくなった場合は後悔してしまいます。

電力会社の乗り換えをするときは契約期間に制約あっても良いかどうかには注意しておきましょう。

Sponsored Link

付加サービスが自身の家庭に合っているかどうか

電力の全面自由化によって各企業は電力の小売りに加えて、何らかの付加サービスを提供しています。

主なサービスの例としては

東京ガス ガス料金・インターネット料金をまとめることで割引
東急パワーサプライ 東急戦の定期券を購入でポイントを付与
ソフトバンク スマートフォンのデータ量を増量
H.I.S 旅行代金の割引

などが挙げられます。

引用:電力自由化とは|仕組みを分かりやすく簡単に!なぜ安くなる?

電力の質に差をつけることはできないため、各企業はこれらの例のように各社のサービスがお得になるプランを用意しています。

つまり、自身が日頃から使用している何らかのサービスの恩恵を受けられたり、ライフスタイルに合う契約プランがあれば、その企業と契約したほうがお得になります。

電気を主に使用する時間帯が夜中の人にはAプラン、昼間は電気を使うけど夜は使わないという人にはBプラン、一人暮らしにはCプラン、大家族にはDプランといった具合に、状況によってお得な契約サービスが異なってくる時代になります。

参入企業は多いが、撤退する企業も多くなる

これから電力の小売り事業を開始する企業が数多く参入してきますが、企業によって提供されるサービスが違えば、その会社の体力も異なります。

これから電力の小売り事業を開始する企業は最初はあらゆる手段を尽くして、顧客の獲得に尽力していきますが、日本より先に電力自由化を行った他国の傾向を見ると、やはり競合企業との戦いに負けた会社は事業撤退をし、ゆくゆくはどこかの企業だけが生き残ります。

つまり、これから電力自由化が行われることで新規参入してくる企業がたくさんあるとしても、電力サービスを利用する家庭はどこか特定の企業に集約されていくことが予想されます。

そういった意味ではあまり体力のなさそうな企業と電力の契約をすると、後々またどこかの電力会社と契約をし直すという状況に出くわす人も出てくるでしょう。

企業が電力小売り事業を撤退したら電気の供給もなくなってしまうの?
企業が電力の小売り事業から撤退することになったとしても、既存顧客を抱えている状態で完全に事業撤退することは考えにくいです。
業績が悪い場合は他社の電力サービスと合併するケースも出てくるでしょう。
もし、契約している会社が倒産するとしても、家庭に電力が送電される設備は各地域で共有しているため、電気の供給が途絶えてしまうことはありません。
臨時で倒産企業を仲介して他の電力会社サービスを引き受けるといった状況になることが考えられます。

急いで契約をする必要ない

2016年4月から電力の全面自由化がされるといっても、焦りを感じて4月までに何かをしなければいけないといったことはありません。

電力会社の契約先を各家庭が選べるようになるのが2016年4月からという話なだけで、何もしなければ継続してこれまで契約してきた電力会社と付き合っていくだけであり、急いでどこかの企業と契約しなくても構いません。

重要なのはどこの契約サービスが自身の家庭やライフスタイルに一番合っているかどうかであり、それを見極める時間には多少時間を割いた方が良いでしょう。

電力自由化に伴ってこれから世の中が多少なりとも動いていくことが考えられますから、よくわからない場合は早々に動かずにまずは様子見をするのも一つの選択肢です。

何もしなくても今の料金プランが急になくなることはありません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。