あなたもできる!新子景視のマジックネタバレ&種明かし

あらゆるTV番組で天才マジシャンとして取り上げられ、話題になっている新子景視さん。

新子景視さんのマジックは通常のトランプなどを使用したマジックとは若干異なり、ブレインダイブマジックといった他のマジシャンにはあまり見られないマジックを展開しています。

ブレインダイブマジックは

人の脳に潜り込み、本人しか知り得ない情報をダイレクトに読み取る

という今までにない全く新しいジャンルのマジックです。

Sponsored Link

ブレインダイブマジックはやらせ?

さまざまなTV番組に新子景視さんは出演し、ブレインダイブマジックを披露しています。

ところが、このブレインダイブマジックは疑わしき点が見当たらなさすぎることからマジックではなく、TV番組ならではのやらせなのではないかといった声もあります。

たしかにTV番組である限り、視聴者を騙そうと思えばいくらでも騙すことができます。

カメラの外から何らかの答えとなる指示がされていたり、本人に何らかの方法で情報を伝えることは容易です。

しかし、そのようなTV番組用のやらせマジシャンとして活動していく為には、全く見たことも聞いたこともない顔や芸名で登場してくる必要があると言えます。

新子景視さんの場合は、幼小の頃からカードマジックに興味を持ち、独学でマジックを学んできたことから高校生の頃には既にプロマジシャンとして活動しています。

新子景視さんはプロマジシャンとして観客の目の前でマジックを行うクロースアップマジックも数多く経験しており、そのような場ではやらせマジックは通用しません。

そのような確かな実績がある人が、ぽっとTV番組に出てきてやらせのマジックをするのはなかなか難しいものであり、プロとしてのプライドもあるでしょう。

ブレインダイブマジックは心理学の応用

ブレインダイブマジックはメンタリストとして有名なDaiGoさんと共通している部分があります。

新子景視さんのブレインダイブマジックは心理学を応用して、相手の情報を引き出していき、そこにマジックを掛け合わせています。

代表的なものとしてコールドリーディングという話術が挙げられます。

コールドリーディングはたった一つの質問であっても、巧みに相手の思考を誘導して相手が考えていることの情報を数多く引き出し、見抜いていくといったものです。

Sponsored Link

新子景視のマジック ネタバレ・種明かし

新子景視さんのマジックは心理学を応用したものだけではなく、正統派のマジックもあります。

ホワイトボードに乱雑に書いた数字を足すと、相手が紙に書いた数字になるマジック

新子景視さんがTV番組でよく披露しているマジックとして有名なのが、ホワイトボードに乱雑に書きだしたかのような16マスの数字を縦にも横にも斜めにも足しても、その合計数がターゲットが思い浮かべて書いていた数字になるといったマジックです。

これは心理的な質問要素などは特に必要とされず、数学的な知識と手先のマジックで行われています。

このマジックは16個の数字を書き出す前に相手に数字を思い浮かべ、紙に書いてもらっています。

しかし、ネット上ではこの紙をわざわざ受け取って破り捨てるシーンが怪しいといった声が上がっています。

つまり、巧みな話術と目線の誘導によって受け取った紙を瞬時に別の紙にすり替え、受け取った紙を破り捨てたかのように見せかけるマジックです。

そして、受け取った紙に書いてある数字を確認してからホワイトボードに縦、横、斜め、四隅などの各数字を足した合計が相手が書いた数字になるように計算しながら書き出していきます。

一見、そのような数字を瞬時に16個も書き出していくことは不可能だと思ってしまいがちですが、ここは数学的な知識を利用しています。

7 2 16 9
12 13 3 6
1 8 10 15
14 11 5 4

このように、基本となるテンプレートの数字を覚えておきます。

この基本となる数字は縦、横、斜め、四隅の合計が全て34になるように作られており、相手が書いた数字に合わせて基本となる数字から足したり、引いたりしていきます。

相手の数字によっては基本となる数字の型を別のパターンのものにした方が良いケースもあるでしょう。

実際に数字を書き出している時も、相手から数字を読み取るといって何度も計算をする時間を確保しています。

手に書いたエックスが移動して別の人の手に移動するマジック

もう一つ新子景視さんがテレビ番組でよく披露されているマジックとして挙げられるのが、手の平に書いたバツ印(エックス)が別の人の手に移動しているというマジックです。

一番左の人の手の平に書いたバツ印が移動して、一番右の人の手の平に移動するマジックはサンズマインズシャーピーという、マジシャンのために開発された特殊なマーカーを使用しています。

以下の動画を見れば特殊なマーカーによってバツ印が移動する種が分かるでしょう。

新子景視さんはTV番組のしゃべくり007でこのサンズマインズシャーピーを利用したマジックを披露していました。

しゃべくり007メンバー全員をイスの前に立たせ、「手のひらを見ますか?」と最初に質問して自然と全員の手を前に出させ、次に「手の甲は見ますか?」と質問します。

この瞬間がバツ印が最後に行く人に触れるチャンスです。

手の甲を見る時、手の平は地面の方に向く為、上から目視することができなくなります。

このタイミングで「手をこんなかんじでちょっと広げてください」と言いながら、バツ印が最後に移動する人の手の平に触れ、バツ印を付けます。

その後「隣の人同士で手を重ねてください」といいつつ、自然な演出のために適度に他の人の手にも触れます。

そして「端の人は手をグーにしておいてください」と伝え、手の平はバツが移動したと見せかける瞬間まで公開されることがなくなります。

巧みな話術によって自然に最後の人にバツ印を付け終えた後に、バツ印を張り付けた人と一番真逆に立っている人の手の甲にバツ印を書き出します。

サンズマインズシャーピーによって手の甲に書いた×印を剥がし、「手の中に入り、皆さんをバツ印が移動しています」と演出し、最後にバツ印を張り付けてグーにしている人の手を開けさせれば、バツ印があたかも移動したかのようなマジックができるというわけです。

マジックの商品を使用するため、難しい手先のテクニックは必要とされず、うまく演出することができればあなたにもこのマジックはできるようになります。

サンズマインズシャーピー DVD&ギミックペン

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 行列が出来る法律相談所でやった、高畑さんと石原さんの感覚を繋げるマジックはどの様な種明かしなんでしょ?全くわかりませんでした

    • 行列ができる法律相談所でのマジックは、高畑さんの顔に触れる前に毎回、新子さんが石原さんの前に行って、不可解な左手の動作をしていたのが気になりましたね。

      おそらく石原さんの前に行ったときの左手の動作の時点で何らかの方法によって石原さんの顔に刺激を与えているのではないか?と思います。
      そして刺激を与えた後に高畑さんの顔に触れるものの、石原さんからすれば既に触られた後。。。
      石原さんに目を瞑らせているのは実際は触れられているタイミングがズレているのを隠すためのものじゃないでしょうか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。