参列と列席の意味と違い|結婚式やお葬式ではどう使う?

結婚式や葬儀などには「参列」「列席」といったさまざまな言葉の表現があります。

言葉の大まかな意味は分かるものの、この二つの言葉の違いとはなんでしょうか。

Sponsored Link

参列・列席・出席の違い

まずは単純に言葉の意味を比較してみましょう。

さん‐れつ【参列】
[名](スル)式や行事などに参加し、列席すること。「起工式に参列する」「参列者」

引用:コトバンク

れっ‐せき【列席】

[名]その席につらなること。出席すること。列座。「結婚式に―する」

引用:コトバンク

意味を見ても分かる通り、二つの言葉の意味は大きく違いがあるわけではありません。

しかし、これら二つの言葉を使う立場によって使い分けが生じてきます。

例えば、式に招待されて参加する立場にある人は「参列」と言うのに対し、式を主催する立場にある人は「列席」と表します。

つまり、式を主催していない、あるいは関係者にない他人の式に参加する場合は参列という言葉を使います。

一方で、式を主催する新郎新婦などは列席という言葉を使用する、ということになります。

Sponsored Link

結婚式では列席の方が好ましい?

しかし、世の中の言葉は辞典に載っているそのままの意味で使われていないことがあります。

言葉は使う人、聞く人それぞれで捉え方が異なるのものです。

世の中の言葉のイメージでは、結婚式には列席、葬儀には参列、といった印象を持っている人が少なくありません。

つまり、列席と参列には2種類の解釈が存在し、

列席には”式を主催する人物が使う言葉”という意味があるものの、”結婚式に使う言葉”といったイメージがあり、

参列には”式に招かれて参加する人物が使う言葉”という意味があるものの、”お葬式に使う言葉”というイメージの解釈も存在しているということです。

これら2種類の解釈の意味を混同するとお互いの意味が衝突してしまい、使い分けが分からず混乱してしまいます。

状況に合わせた使い分けを

このように列席と参列には複数の解釈が存在しているため、状況に応じて細かく使い分けていきましょう。

例えば友人の結婚式の二次会などで司会を頼まれた時、司会者は一人の参加者であり、招かれたゲストです。

しかし、司会者という立場にある人は主催者目線で言葉を発信する状況が多いため、列席という言葉を用いることも多いでしょう。

来賓に対して物事を述べるときは「新郎新婦ご両家とご参列のみなさま~」といった使い方をすることもあります。

まとめ

辞典通りの意味で表現するならば、

列席は主催者側の表現、参列は参加者側の表現となります。

慣習的な意味で表現をすると、

列席は結婚式で使う表現、参列はお葬式で使う表現になります。

どちらの解釈を取り、使っていくかはその方の個性であり、状況や場の雰囲気に合わせた使い分けをしていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。