ワイシャツの半袖は仕事で着ても良い?ビジネスマナーはどうなのか

暑苦しい季節がやってくると世間の人々の服装は薄着になっていきます。
気温が高く、暑苦しいのだから薄着になるのは当たり前。

でも、サラリーマンの人は夏の猛暑日でも長袖長ズボンのスーツ姿です。

日本では昔から「サラリーマンはスーツ姿でなければならない」とされ、どのような天候であってもサラリーマンの方々は暑さを我慢してきました。

しかし、最近はそんな考え方に疑問を募らせる声も集まり、ネクタイを付けないクールビズ、半袖のYシャツを使用するサラリーマンの姿も見るようになりました。

ところが実際のところは昔ながらの慣習に縛られ、「半袖のYシャツを着て行っても良いのだろうか?」と悩む新社会人の方などが多くいます。

Sponsored Link

半袖のYシャツを仕事で着るのはOK?

昔ながらの日本の考え方で「半袖のYシャツは会社に着てきてはならない」といった考えを持っている会社は今の時代でも少なからず存在しています。

たしかに世間的にはクールビズな服装も良しとする傾向が出てきましたが、クールビズに対する考え方やイメージといったものは人それぞれです。

社内の雰囲気が半袖のYシャツなどを良しとする空気であるならば、半袖Yシャツを着ていっても問題ないでしょう。

しかし、年配の方や上司の方が長袖のYシャツを着るのが当たり前な空気がある会社では、目下の人間が半袖のYシャツを着ていく、といった状況には少々注意が必要かもしれません。

“郷に入れば郷に従え”とも言うように、会社内での空気に合わせて自身の服装も調整していきましょう。

Sponsored Link

社外や初対面の人と会う時はスーツが安定

社内のクールビズ化が進み、当たり前のように半袖のYシャツを着て行っても良い空気があったとしても、社外に行くときは、やはり今の時代であってもスーツが安定しています。

服装というものは、見た目の第一印象に大きく関係してきます。

社外に出歩く営業などで、初対面の人と会うときにあまりにもラフな格好をしている人を見た時、どのような印象を持たれてしまうかは、相手次第となってきます。

相手がどのような人物か分からない状況では、やはり今の時代でもスーツが良いです。

「初対面の人がラフな格好をしてきても全く問題ない」と感じる人が大半を占めると考えられますが、それを良しとしない考えを持つ人にも無難に対策を打っておくのが社会人とも言えます。

また、クールビズに対する考え方については、働いている会社とそれに関連する取引先やお客さんがどのような人物かによっても加減が変わってくるでしょう。

例えば、IT業界は年配の人が少なく、比較的年齢が若い人が多いです。

若い人が多い業界では、クールビズに対して肯定的な考えを持っており、初対面の人と話し合いがあるとしても、最初からラフな格好をしていくことに違和感を持っていない状況もあります。

最後に

半袖のYシャツやノーネクタイといったクールビズには肯定的な考えを持っている人が大半です。

しかし、服装はその人の第一印象に大きく関係し、イメージを大切にするならばスーツ姿が安定していることには変わりありません。

時と場合に合わせてスーツを着るか、着ないかを上手く使い分けていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。