「しづらい」と「しずらい」はどちらが正しい日本語?

「分かりづらい」「分かりずらい」

「見えづらい」「見えずらい」

日常的な会話の中で「~しづらい」「~しずらい」といった表現を見ることがありますが、この「づ」と「ず」はどちらを使うのが正しいのでしょうか。

Sponsored Link

正しくは「~しづらい」

「~しづらい」と「~しずらい」で、どちらが正しい日本語なのか分からなくなってしまった時は、言葉の意味を考えて分解してみましょう。

例えば「分かりづらい」という言葉は二語の連合によって成り立っている言葉です。

「分かりづらい」は、「分かる」と「辛い(つらい)」という言葉の二つから成り立っており、「辛い(つらい)」の「つ」は「す」にはなりません。

さらに細かく言えば、「する」と「つらい」を合わせたものが「~しづらい」になっていますから、正しい日本語は「~しづらい」ということになります。

濁点を取り除いてみる

簡単に理解する方法として言葉の濁点を取り除いてみる、といったものがあります。

言葉の濁音をとってみても、意味が通じる言葉になっているかどうかを考えてみると、正しい日本語がどちらであるか判断できます。

「分かりづらい」「見えづらい」

などの言葉から濁点を取り除いてみると、

「分かりつらい」「見えつらい」

になります。
「分かる」と「辛い」から成り立っていることが分かります。

これが「分かりずらい」、「見えずらい」だと、

「分かりすらい」「見えすらい」

になってしまい、意味が通じなくなってしまいます。

「~しずらい」といった表現を使っている人を見ることもありますが、「~しずらい」という日本語は時代の流れによって許容されて生まれた言葉遣いなどではなく、誤った言葉の使い方であると言えます。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。