サイレントサイレンが可愛過ぎる!メンバー情報や人気曲まとめ

2012年11月にメジャーデビューを果たし、絶賛人気急上昇中のサイレントサイレン(Silent Siren)。

4名のガールズバンドで構成されるサイレントサイレンはその圧倒的な可愛さから、若い世代の男女を中心に多くのファンから支持されています。

Sponsored Link

サイレントサイレン(Silent Siren)って?

サイレントサイレンはメンバー全員が読者モデル出身であり、通称”サイサイ”として呼び親しまれています。
原宿を中心に女子中高生の間で人気が集まり、テレビ番組の「関ジャニ仕分け∞」などで一気に知名度が上昇。

2014年には日本国内だけでなく、海外進出を果たして香港でのワンマンライブを開催。
2015年1月には日本武道館でのワンマンライブを開催。ガールズバンドの中ではデビューから史上最短での日本武道館ワンマンライブとなりました。

その後もオリコンウィークリーチャート10位以内を10作以上連続で獲得し続け、「サイサイフェス」の開催といった、ガールズバンドとして揺るぎない地位を獲得しています。

サイレントサイレンの名前の由来

サイレントサイレン(SilentSiren)の名前の由来は、ボーカルのすぅ(吉田菫)が、

「サイレンとサイレントってなんで一文字しか変わらないのに意味が逆なの?」

と、何気なく発言したのがきっかけとなり、メンバー全員の気持ちを伝える「無言の警告」という意味で名前がつけられました。

サイレントサイレン結成の経緯

2010年にヴォーカルのすぅ(吉田菫)と、ドラムのひなんちゅ(梅村妃奈子)が、10-FEETの曲で意気投合した結果、一緒にバンドをやることになります。

すぅとひなんちゅは共にバンド経験者であり、その後にベースのあいにゃん(山内あいな)と、キーボードのゆかるん(黒坂優香子)が誘われ、4人ガールズバンドユニットのサイレントサイレンが結成されました。

サイレントサイレンはプロデューサーなどの手によって、音楽ができる可愛い子を寄せ集めて作られたような、よくある音楽ユニットではなく、メンバー達が自然に集まって始まった純粋な音楽ユニットです。

Sponsored Link

サイレントサイレンの人気曲

サイレントサイレンが人気になった理由

メンバー全員が読者モデルという話題性

サイレントサイレンがここまで人気を集めた理由には、元々読者モデルだったことによる各メンバーの知名度の高さが挙げられます。

バンド結成時は無名であることがほとんどですが、「読者モデルで構成されるガールズバンド」という話題性があることに加え、そのファンとなる中高生は流行に敏感なこともあり、知名度の上昇効率は他の世代に比べて高いです。

癖になる繰り返しのメロディ

サイレントサイレンの曲のほとんどは癖になる繰り返しのメロディが多く使われています。

特に人気曲となっている「チェリボム」、「八月の夜」、「女子高戦争」などにはその傾向が顕著に表れており、何度も繰り返す病みつきなメロディが繰り返されているのが人気の秘密と言えます。

記憶に残りやすいキャッチーなメロディは多くの人に親しまれやすく、後になってもまた思い出して聞きたくなるような曲の魅力を引き出します。

圧倒的な可愛さ

最も大きな人気の要因はやはりメンバー全員が可愛いということ。

癖になるメロディに加え、何度もメンバーの可愛らしいダンスや表情などを目にすることで、がっちりとファンのハートを鷲掴みにする魅力があります。

メンバー全員が可愛いこともありますが、特にボーカルのすぅの声が「可愛い」といった声が多くあります。

メンバー情報

ボーカル:すぅ 吉田菫(よしだ すみれ)

1992年12月28日生まれ(メンバー最年少)

福島県出身、23歳、O型、身長:161cm。

中学時代にモデルのスカウトを受けたことをきっかけに、高校二年生の時に上京。
その後、雑誌「CUTiE」などで読者モデルとして活躍。

兄弟は姉と兄が1人ずついる末っ子であり、姉がピアノを弾く姿にあこがれて小学生時代の6年間はピアノに専念。中学に入ってからはバンドに興味を持ち始め、中学2年生の時に1万円のアコギギターセットを買ったことをきっかけに、バンド人生がスタートしました。

すぅの声が可愛い!

人気要因の一つである、すぅの声の可愛さに魅力を感じている人はかなり多いでしょう。

サイレントサイレンの曲調は全体に可愛らしい雰囲気があり、PVの映像表現などにもすぅの可愛い声が絶妙にフィットしています。

ドラム:ひなんちゅ 梅村妃奈子(うめむら ひなこ)

1991年3月13日生まれ、東京都出身

25歳、A型、身長:163cm

ひなんちゅは東京都生まれの中央大学文学部卒でありながら、インドネシアで中学時代を過ごしていた経験も持っているハイスペック女子。

スカウトがきっかけで芸能界に興味を持ちだし、高校3年生の時にすぅと同じ雑誌「CUTiE」で専属モデルとして活躍。

幼い頃から親の意向でバイオリンのレッスンを10年間していたものの、中学に入ってからは弦楽器ではないドラムを独学で練習し始めます。
日本に帰国してきた高校時代は軽音楽部でバンドを結成したものの高2の頃に自然消滅し、大学に入ってからすぅと出会い、再びガールズバンドを始めました。

ギター:あいにゃん 山内あいな(やまうち あいな)

1988年7月3日生まれ(メンバー最年長・メンバー唯一の昭和生まれ)、神奈川県出身、

28歳、A型、身長:156cm

桜美林大学卒で2008年のミス桜美林コンテストでグランプリを受賞しています。
雑誌「mina」で読者モデルを務め、ブランド「Ainee BY Conocoto」をプロデュース。

高校~大学時代は地元の友人などを集めて男女10人ほどの小規模バンドサークルで活動をしており、バンドメンバーは固定していなかったものの、当時からベースがメイン。

キーボード:ゆかるん 黒坂優香子(くろさか ゆかこ)

1989年6月6日生まれ、埼玉県出身、27歳

B型、身長:152cm

大妻女子大学卒業。雑誌「Ray」で読者モデルや、「ZIP!」のレギュラー番組なども経験。

バンドを始めたのはサイレントサイレンが初だったものの、小学校時代にピアノを習っていた経験があったこともあり、シンセサイザーキーボードを担当。
しかし、ピアノは時々弾く程度で真剣に音楽をやっていたことはなく、学生時代はずっと新体操をやっていた体育会系。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。