君の名は。の感想評価まとめ|主題歌が良いとの声も

新海誠監督の最新作「君の名は。」が8月26日から公開。

同作は海外でも注目されている作品であり、日本では公開から4日目にして興行収入10億円を突破する大ヒットスタートとなりました。

Sponsored Link

君の名は。のあらすじ

千年ぶりとなる彗星の来棒を一か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。

町長であえる父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。

小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。

二人は気づく。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

行く度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。

しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。

入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気づいた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」
辿りついた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

出会うことのない二人の出会い。
運命の歯車が、いま動き出す

引用:「君の名は。」公式サイト

君の名は。の感想、評価まとめ

君の名は。を見た人の評価は全体的に高い傾向にありますが、一方で「つまらない」といった感想を抱く人もいる様子です。

「つまらない」という感想も

Sponsored Link

作品の評価が分かれている理由

同作は絵柄の世界観や、青春ストーリーが合うかどうか、といった部分で評価が左右されているように見受けられました。

多くの人から高い評価を得られている要因には、綺麗な絵柄と世界観が挙げられます。
アニメーション映画は実写映画とは違い、理想的な世界観を作り出しやすいことから、綺麗な絵柄とその世界観に浸ることで「面白い」といった感覚を覚えます。

さらに同作の作画監督は『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『思い出のマーニー』などの作画監督も務めていた安藤雅司氏。
圧倒的な作画クォリティによって同作の面白さを引き出しています。

また、細かなストーリー部分に関しては、新海誠監督が描く作品背景を知っているかどうかによって面白さが変化する部分があります。
これまでの作品背景をしっている新海誠ファンにとっては、同作の作品に面白さの深みが出てくる点があり、新海誠作品を知っている人から見た「君の名は。」の評価は高い傾向にあります。

君の名は。の主題歌について

「君の名は。」の主題歌を担当しているのはRADWIMPSの「前前前世」です。

「前前前世」は映画の制作途中の段階で作られたものでしたが、曲の世界観と映画の世界観が絶妙にマッチしており、「君の名は。」の面白さをさらに引き出しています。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。