目覚ましで起きれない人が快適に起きられるようになる方法

「目覚まし時計をセットしておいたのに、朝起きられない…」
「目覚まし時計に気づかないで寝坊してしまう…」

朝、起きなければいけないのに目覚まし時計をかけても起きることができずに悩んでいる人は非常に多いです。

一度は起きれてもすぐに眠くなってしまい、二度寝をしたら寝坊してしまった。
ぼーっとした感じがして気力が出ず、体も重くて起きられない。

そんな状態から二度寝をしてしまい、大事な朝の用事に遅刻してしまった経験はないでしょうか?

Sponsored Link

朝起きられない人は睡眠の質が悪い?

寝起きの目覚めの悪さを感じている人は、睡眠の質が悪いことがほとんどです。

「目覚めは悪いけど、良い睡眠は取れてる」

と感じている人が多いのですが、実は「良い睡眠がとれている」と感じている人は7割なのに対し、「寝起きが悪い」と感じている人は9割もいることが分かっています。
(引用:「睡眠と寝起き」についての調査

睡眠の質と目覚めの快適さは密接に関係しており、睡眠の質の良さは自分では分からないものです。
睡眠の質が悪いと眠りが浅くなってしまうため、どんなに睡眠をとっても目覚めが悪い…といった状況に陥ります。

つまり、ほとんどの人は寝起きが悪い原因が実は睡眠の質にあることに気づかぬまま、寝起きの不調に悩んでいるのです。

睡眠の質を悪くしている原因

睡眠の質を悪くしているよくある要因には

  • 生活リズムが乱れている
  • ストレス
  • 就寝前にPCやスマホをいじっている
  • 寝る前に夜食を食べている
  • 寝酒をしている

といったものが挙げられ、これらの要因に共通していることは快適な睡眠に入ろうとしている体を妨害していることにあります。
良い睡眠を取るためには、就寝前は体をリラックスをさせて休まる準備を整えるようにしましょう。

睡眠の質の悪さに繋がる小さな行動が積み重なっていくと、更なる生活習慣の乱れやストレスに繋がり、自律神経の乱れを招きます。

自律神経が乱れると病気になる可能性も

睡眠の質が悪い人は自律神経の乱れと密接な関係があり、悪化すると病気になる可能性があります。

自律神経は自分の意志に関係なく、器官の働きを調節してくれる神経のことであり、睡眠の質をコントロールしていると言っても過言ではありません。

自律神経が乱れる原因にはストレスや不規則な生活が関係しており、

  • 寝つきが悪い
  • どんなに寝ても眠くて起きられない
  • 寝起きの体が重い

といった症状が見られます。
これは交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなっていたりするもので、症状が悪化すると寝起きに動悸を感じるようになる人もいます。

自律神経の乱れによって引き起こされる病気は数多く、

  • 不眠症
  • 睡眠相後退症候群
  • 夜更かし症候群
  • 概日リズム障害
  • 睡眠時無呼吸症候群

代表的なものだけでもこれだけあります。
特に起床障害に関係する病気になっている人は以下のような状況に陥っていることがあります。

  • 朝起きるのにとても時間がかかる
  • 精神的な持病またはストレスを抱えている
  • 目覚ましが鳴っていても聞こえない・気づかない
  • 甘えではなく、どんなに頑張っても起きられない

「朝起きることが困難でどうしようもない」と感じている方は何らかの起床障害になっている可能性もあるため、病院で診察を受けることをおすすめします。

ただし、このような数多くの睡眠障害の原因は、やはり生活習慣の乱れとストレスが大きく関係しているため、病気であっても、病気でなくても、日々の生活を改める必要があります

Sponsored Link

自律神経が乱れている時に良い睡眠をとる方法

睡眠の質を良くする秘訣は規則正しい生活をすることに尽きます。
しかし、自律神経が乱れているせいで規則正しい時間帯に睡眠をすることができないのが現実です。

そのため、自律神経が乱れている人は、まずは規則正しい時間帯に寝られるように就寝前の行動を改めることを意識しましょう。

  • 就寝する3時間前には食事を済ませ、体が休める状態にする
  • 就寝前お酒やカフェイン飲料、タバコは吸わない
  • 温かいお風呂に浸かり、体をリラックスさせる
  • 就寝前にテレビ・パソコン・スマホをいじらない

このように、就寝前は全身をリラックスさせて、自然に眠れる環境を整えることが大切です。
特に、寝る前に何かを食べるのは控えましょう。睡眠に入っても内蔵が働き続けるために、睡眠時間を十分に確保しても体が休めません。

寝つきを良くするホットミルク

質の良い睡眠にするためには就寝前の行動が重要です。
自律神経が乱れていると睡眠に入るのすら難しかったり、寝つきが良かったとしてもその睡眠の質が良くないことがあります。

自律神経が乱れていて睡眠の質が悪い人は、寝つきを良くするホットミルクを飲んでみましょう。

牛乳にはメラトニンの分泌を促進させる働きがある為、就寝前に飲んでおくことで寝つきが良くなります。他にもビタミンBによって神経を穏やかにする効果から、自然な眠りを導いてくれます。

また、牛乳にはカルシウムも含まれているため、精神安定効果があり、温かい牛乳ならば更なるリラックス効果にも期待ができます。

眠るだけではダメ?最も重要なのは寝起きの時間帯

規則正しい時間帯に就寝することができても、なかなか起きることができないのが現実です。

寝起きの悪さは睡眠の質に関係していますが、1日、2日ほど就寝前に寝つきを良くする努力をしても、そう簡単に自律神経の乱れは治りません。時間が必要です。

良い眠りを確保するのと同時に、起床する時間帯もコントロールしていきましょう。

快適な起床の為には体内時計の管理が必要

自律神経が乱れている人は生活習慣が乱れていることがほとんどです。
規則正しい生活を送るためには就寝する時間帯よりも、起きる時間帯の方が重要性が高いです。
多少寝る時間帯が変化したとしても朝、起きる時間帯が一定になっていれば然程問題はありません。

体内時計がうまく機能していれば朝は自然に起きられるようになるため、自律神経が乱れている間はつらいですが頑張って起きるようにしましょう。
寝る時間帯というものはその日の朝に起きた時間帯によって変化するため、起きるべき時間帯にしっかりと起きることができてれば、夜眠ることもそう難しくなくなっていきます。

よくやってしまいがちなのが休日だからといってお昼近くまで寝てしまうような行動です。
人間の体は起床した時間帯から約14時間~16時間後に眠る準備を始めます。

つまり、質の悪い睡眠によって寝起きが悪いからと言っていつまでも寝ていると、どんどん就寝時間が遅くなっていってしまうのです。
これが更なる生活リズムの乱れに繋がってしまう為、起床時間をコントロールする重要性は高いです。

快適に起きられる環境を整えよう

自律神経の乱れによって更なる生活リズムの悪化に悩んでいる人は、就寝前の行動だけでなく、睡眠環境を整えることにも目を向けましょう。

「朝起きるのが辛い」
「頑張っても頑張っても起きることができない」
といった状況に突入してしまうと、精神的な頑張りだけではなかなか抜け出せないものです。

日々の生活習慣の乱れなどが招いてしまった自律神経の乱れを正すためには特に、起床する方法に工夫をしてみましょう。

よくある起き方の工夫としては

  • 計算をしないと止まらないスマホ目覚ましアプリ
  • 目覚まし時計を遠くに置く
  • 振動して知らせてくれる目覚まし時計
  • 起床時間の少し前からリラックスできる音楽をかける

といった起床方法がありますが、結局は起きることに苦痛を伴うのが正直なところです。

そこで朝起きられない人に、最近とても人気な起床グッズとして話題になってきているのが、光によって目覚める光目覚まし時計です。

81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)


テレビや雑誌などでも取り上げられ、売り切れで買い求めが殺到しているほどに人気な商品です。(2016年9月時点)

上記で紹介した起き方の工夫には結局、起床するのときに辛さや苦痛が伴いますが、intiの光目覚まし時計であれば光によって体が自然に目覚められる環境を整えることができるため、うるさい音で起こされる不快な朝がなくなります。

目覚ましで起こされるぐらいならば、音もなく自然に起きられる光目覚まし時計の方が圧倒的に快適な朝を手に入れられ、朝の時間帯の人生がガラリと変化します。

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。