顔が老けて見える原因|若く見える人と老け顔の違いとは?

鏡の前でふと自分の顔を見てみたとき、

「えっ…私の顔ってこんなに老けてみえる…?」

と感じてしまうことあります。
化粧などで若さ作りをしていても実年齢より老けて見えたり、スッピンになった時は特に年齢を感じます。

女は何歳になっても、綺麗でありたいもの。
周りには実年齢よりも若く見える人がいますが、老けて見える人と、若く見える人にはどのような違いがあるのでしょうか?

Sponsored Link

顔が老けて見える人と若く見える人の違い

顔が老けて見える人と若く見える人の違いは様々ありますが、特に大きな違いを感じさせられるのが肌の質感です。

肌の質感

肌の質感といってもたくさんあります。

  • 肌の厚み
  • 肌のたるみ
  • 肌のハリ
  • 肌のツヤ感
  • シワの有無

これらの中で、特に重要なのが肌のハリとツヤ感です。

まだ20歳にもなっていない若い女子高生の肌を想像してみると分かりやすいと思いますが、肌を見ただけで明らかに肌の質感が違いますよね。
顔の肌を見ただけで感覚的に若く見えるその正体は肌のハリとツヤ感があるかどうかなんです。

肌にハリとツヤを取り戻すためには

実年齢よりも老けて見える人は、肌の質感を取り戻していくことが大切です。

女性は30代を超えてくると、

  • 女性ホルモン
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸

といったあらゆるホルモンが不足しがちになってきます。
いわゆるお肌を綺麗に保つための成分です。

肌の質感に欠かせないコラーゲン

綺麗な肌を保つために重要なのがコラーゲンです。
コラーゲンは皮膚に存在し、皮膚の弾力と柔軟性の基になっている成分です。

ところが年齢を重ねていくと体の新陳代謝は低下していきます。
加齢によって新陳代謝が悪くなると体内で生成されるコラーゲンの量も減っていってしまう為、若いころに比べてしっかりとした食事を意識していく必要があるのです。

コラーゲンが生成される食材

コラーゲンは体外から摂取できるものではなく、食事によって得た栄養によって体内で生成されます。

コラーゲンが体内で生成される栄養を多く含んでいる食材には鶏肉や魚などが挙げられます。

  • 手羽先(1550mg)
  • 鶏軟骨(4000mg)
  • 牛すじ(4980mg)
  • 豚白モツ(3,080mg)
  • フカヒレ(9,920mg)
  • サケ(2,410mg)
  • マイワシ(1,060mg)
  • ブリ(1,620mg)

ところが、1日に必要なコラーゲンは5,000mg~10,000mgだとされています。
若々しい肌であり続けるためには、コラーゲンを摂取し続ける必要がありますが、食材の数値から考えても1日に必要なコラーゲンを毎日5,000mg以上摂取していくのは難しいと言えます。

だからといって、このまま実年齢と共に肌の年齢も重ねていくのは嫌ですよね。
このような状況から、人前で肌をさらすことが多いモデルやタレントの間では効率良く質の良いコラーゲンが摂取できる高級食材のすっぽんを多く摂取しています。

しかし、すっぽんを日常的に食すのはなかなか難しいです。
そこでおすすめなのが、すっぽんの栄養をサプリメントにした「すっぽん小町」です。

すっぽん小町は数多くのモデル・タレントといった芸能人の方々に長らく愛用されており、くわばたりえさんは3年間もこのすっぽん小町を愛飲しています。

>>すっぽん小町の詳細を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。