自分でできる肩こりマッサージ法+肩こり解消グッズでさらに改善

現代病とも呼ばれる肩こり。
肩こりは肩の辛さだけでなく、悪化すると頭痛や病気の原因にもなります。

「肩こりが辛い…」
「肩こりを改善したい」

と考えていても、なかなか肩こりを解消することができません。
そこで家でカンタンにできる肩こり解消マッサージ法をご紹介いたします。

Sponsored Link

自分で肩こりを解消する方法

肩こりは骨に付着している筋肉が硬直している状態です。

骨に付着してガチガチになっている筋肉をストレッチや、マッサージによってほぐしてあげると、肩こりが解消されていきます。

家でカンタン!肩甲骨はがしストレッチ

肩甲骨はがしストレッチのポイント

  • 手を肩に置き、鳥のように上下前後に動かす
  • 肋骨が広がる時に息を吸い、狭まる時に吐く
  • 1動作×4回を無理のない範囲でゆっくり

肩甲骨はがしを意識した運動は、肩こりを解消する最も基本的なストレッチです。

普段、運動をしなくて肩こりを感じている方はこれだけでも十分な効果が期待できます。

セルフマッサージで肩こり解消

ストレッチだけではなく、マッサージをすることで筋肉をほぐして肩こりを解消していきます。

肩こりセルフマッサージ ポイント1

  1. 首の付根に手をおく
  2. 深呼吸しながら背骨真横の筋肉を外側に流すようにマッサージ
  3. 首の上まで同じ動作を繰り返す
  4. 上まで行ったら下に戻る

肩こりセルフマッサージ ポイント2

  1. 手を首の後ろに組む
  2. ゆっくりと顎を胸に近づけて顔を下げる
  3. おおきく深呼吸

肩こりセルフマッサージ ポイント3

  1. 右手を左肩の凝ってる場所に添える
  2. 頭を左に傾けて肩の筋肉を緩める
  3. 緩んだ時に指圧して頭を右に傾ける
  4. 左右行う

ストレッチは体の動作によって凝り固まった筋肉を動かし、マッサージは凝り固まった筋肉をほぐして、肩こりを解消していきます。

肩こりが改善されない場合

ストレッチやセルフマッサージを行っても、なかなか肩こりが改善されないこともあります。

ストレッチ・セルフマッサージをした直後は、多少楽になると感じますが、時間が経つとまた肩こりの重い症状に悩まされる人が多いです。

そのような場合は、マッサージ店に通うのも一つの手です。

「でも、マッサージに通うのはお金もかかるし、通うのが面倒…」

という方は家でカンタンにできる健康グッズを活用して、肩こりの改善効果を高めていく方法が良いでしょう。

肩こりの解消・健康グッズ

肩の筋肉が凝り固まって、肩こり症状に悩まされている方にピッタリなのが、現役トップアスリートの間でも好評なストレッチハーツです。

通常のマッサージやストレッチは表面の筋肉を動かして肩こりを解消していきます。

しかし、よくある肩こり解消法は指で触れられる表面にある筋肉しかほぐせない為、肩こりを改善する効果が弱いのが正直なところです。

肩こりを根本的に改善する為には、表面にある筋肉の凝りではなく、肩甲骨などの大きな骨に付着している、奥深くの筋肉の凝りを解消してあげる必要があります。

その問題を解決できるのがストレッチハーツであり、通常のマッサージ・ストレッチでは届かない、骨に付着している筋肉の凝りも解消していくことができるのです。

また、肩こりは骨盤の歪みや凝りとも深く関係しています。

ストレッチハーツは骨盤などといった、あらゆる部位にも活用していくことができる設計になっている為、これ一つさえあれば全身のストレッチができるようになります。
これが現役トップアスリートにも支持されている理由の一つでもあります。

肩甲骨・骨盤・肩こり・腰痛のコリをとる【ストレッチハーツ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。