寝起きがだるい生活から解放されるたった1つのこと。

「寝起きがだるい」
「どんなに寝ても疲れが取れない」

寝起きのだるさをどうにかしたいと思っていても、なかなか改善することができずに悩んでいる現代人。

快適な朝を迎えられている人は少なく、ほとんどの人々が朝起きることに何らかの苦痛を感じています。

朝、起きることに苦痛を感じてしまうと、ストレスや日々の生活の質にも影響してきます。

睡眠に関する悩みが消えるだけで、生活の質は良い方向に変わっていきます。

Sponsored Link

寝起きのだるさを解消する方法

寝起きのだるさ、目覚めの悪さを解消するために必要なことはたった1つ。

「睡眠の質を良くする」ことに尽きます。

寝起きがだるい、目覚めが悪いと感じている人は非常に多いですが、実は自分の睡眠の質自体は悪くないと思っている人がほとんどです。

寝起きに何らかのストレスを感じている人は、睡眠の質をしっかりと確保するだけで、快適な朝を迎えられるようになります。

このような経験はないでしょうか?

  • 長時間寝たのに目覚めが悪い
  • 短時間しか寝ていないけどスッキリした

この違いは、どれだけ睡眠時間を確保したかではなく、どれだけ質の良い睡眠を確保することができたかです。

質の良い睡眠は入眠から3時間

快適な睡眠は入眠してからの3時間が非常に重要です。

長時間寝ても体がだるくて目覚めが悪いときは、入眠したときの体の状態が良くなかったと考えられます。

目覚めの悪さの元は、質の悪い睡眠です。
質の悪い睡眠になる原因には以下のようなものが挙げられます。

就寝前にしてはいけないこと

スマホ・テレビ・パソコンの使用:光る画面によって神経が高ぶる
就寝前の食事:消火活動で内蔵が休まらない
就寝前の過度な運動:興奮して眠れなくなる
アルコール・タバコ・カフェインの摂取:質の良い睡眠、入眠を妨げる

引用元:快眠ライフ(眠れない原因)

快適な朝を迎えたいと考えるのであれば、就寝する前に体がしっかりと休めるような状態にしてあげる必要があります。

そのためには意識的に自分の体をコントロールして、質の良い睡眠を整えてあげましょう。

質の良い睡眠を確保する方法

質の良い睡眠を確保するためには、就寝する前の行動と、規則正しい生活が大切です。

就寝する前の行動

就寝する前に意識すべきことは、体がゆっくりとリラックスして、「これから寝るぞ!」といった状況にしてあげることが大切です。

体をリラックスさせて入眠する状態に持っていくためには

  • お風呂に入って体を芯から温めてリラックスさせる
  • 質の良い睡眠・入眠作用のあるホットミルクを飲む
  • ほどよくストレッチをする

といった方法などがあります。

逆に体が目覚めてしまうようなテレビやスマホを見るといった行動はなるべく控えるようにしましょう。

就寝する前は体をリラックスさせてあげることが、質の良い睡眠を確保する鍵となります。

規則正しい生活

人間の体は朝、目覚めてから12時間~14時間ほど経過すると寝る為の準備をするとされています。

そのため、休みの日だからといって遅くまで寝ていたりすると、その日の夜に寝る時間帯もズルズルと遅くなってしまいます。

「目覚めてから12時間~14時間後に寝るんだ」

と考えて逆算すると、その日は何時までに置きていなければいけないのかもわかってきます。

それでも眠れない場合は

上記で紹介していることは日々の生活習慣において当たり前のことです。

当たり前のことをしているけど、それでも寝起きがだるい、質の良い睡眠が取れない場合は睡眠薬を使用するのが良いでしょう。

しかし、睡眠薬は副作用の問題や、効き目が強すぎることによる弊害、薬を使うことへの抵抗が強かったりするものです。

そこで最近、人気になってきているのが快適な睡眠をサポートしてくれるサプリメントです。

↓詳細を見てみる↓

  • 朝なかなか起きられない
  • 寝ても疲れが取れない
  • 二度寝、三度寝してしまう
  • 睡眠時間を確保できない
  • 睡眠薬には抵抗がある

といった方にはピッタリです。

質の高い睡眠を確保する為に良いとされている成分がたっぷり入っているため、よくありがちな「寝る前にホットミルクを飲むと良い」といったことをしても、特に効果が期待できない人におすすめです。

寝る前にサッと飲むだけでL-テアニンという起床時の疲労感や眠気を軽減する成分が脳に直接働きかけて、リラックスする状態にしてくれるため、入眠から3時間という睡眠の質向上にバッチリです。

日々の生活リズムを良くして…就寝前にあれこれ気をつけて…といったことをせずとも、摂取した翌日の朝から効果を実感することができます。

初回限定で65%OFFになるコースもあるため、試すだけ試してダメだったらすぐやめるのも良いでしょう。
睡眠は死ぬまで一生するものであり、その睡眠が快適になることは人生の質も向上させます。

↓詳細を見てみる↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。