ドライヤーで髪が傷む、抜けるのを防ぐ方法

「ドライヤーをかけると髪が傷む、抜ける…」
「ドライヤー後の髪が焦げ臭い…」

髪や肌にとってドライヤーによる熱風を長時間、浴びせ続けることは良いことではありません。

しかし、ドライヤーは髪を乾かすために必要なことです。
髪を乾かさないで放置していると、菌が繁殖しやすくなってしまったり、熱風とはまた違った形で髪が傷んでしまうこともあります。

そのため、ドライヤーは適切に使用して、髪を傷ませないように乾かすのがポイントとなってきます。

Sponsored Link

髪を痛ませずにドライヤーをかける方法

髪を傷ませないドライヤーのポイント

  • のんびりと長時間のドライヤーは禁物
  • 髪から15cm以上の距離を保って乾かす
  • 同じ場所に熱風を当て過ぎない

これらの点に気をつけて、ドライヤーの熱を意識しながら乾かすのがポイントです。
ドライヤーの温風は100℃以上の熱を出しているため、皮膚に当て続ければ簡単に火傷をしていまいます。

しかし、髪には神経が通っていないため、この熱さを感じにくい点があります。
頭の皮膚は髪に覆われているため、あまり熱さを感じませんが髪はドライヤーの熱で知らぬ間にダメージを受けています。

髪が傷む・抜ける原因の多くはドライヤー

髪が抜ける、傷む原因の多くはドライヤーの熱風によるものです。
髪はドライヤーの熱を浴びすぎると、髪に含まれているたんぱく質が失われ、髪が傷む・抜ける・パサつく原因になります。

ドライヤーの温風は100℃以上の熱を出しているため、長時間の温風を浴びせると髪だけでなく、肌にも悪い影響を与えてしまいます。

ドライヤーによって髪の痛みや、枝毛、抜け毛などが気になっている方は、ドライヤーの使用方法を見直してみると良いでしょう。

髪を綺麗にしたいならドライヤーにもこだわりを。

髪の見た目は顔と同じように、見た目の良さでその人のイメージが変わってしまいます。
サラサラで綺麗な髪にしたいと考えるならば、ありがちなシャンプーだけでなく、ドライヤーにも気を配るようにしましょう。

「シャンプーには拘りがあるけど、ドライヤーは市販の安いものを使ってる」

このような方が非常に多いですが、どんなに高級なシャンプーを使用しても、肝心の髪を乾かす手入れで髪にダメージを与えてしまっては無駄です。

そこで髪を乾かしても髪を綺麗に保ちたい人の間で話題になっているのが、使えば使うほど髪と肌が綺麗になっていくドライヤーです。

テレビ・雑誌でも話題沸騰中!新感覚ドライヤー ヘアビューザー

ドライヤーはついつい、気を配らなくなってしまう部分です。
服やカバン、アクセサリーには気を配っているけど、気が回りきらない靴だけは汚れているようなものです。

気が回りきらない部分だからこそ肝心な部分であり、ドライヤーもまた然りです。

髪の見た目が綺麗なだけでその人の印象も上がりますし、サラサラな髪でいられると自分自身も気持ちが良くなります。

髪がサラサラになる魔法のドライヤー

 

関連記事:リュミエリーナヘアビューザードライヤーの口コミ・評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。