年末年始・お正月で婚約中の相手親に年賀状や挨拶はすべき?

年末年始といえば新年の挨拶や年賀状があります。お正月は一年の始めの大切な区切りにあたる時期なので、今後も付き合いのある人には挨拶をしていきたいものです。

ところが、婚約中の相手の親となってくると今まで面識がなかったり、挨拶をしに行った方が良いのかと悩む人は多いです。そこで、年末年始のお正月の挨拶で婚約中の人が相手の親に対してどのような対応をした方が良いのかについて紹介してきます。

Sponsored Link

新年の挨拶で婚約相手の親に対する対応

婚約者にとって相手の親に対して新年の挨拶などがしっかりとできると、今後の付き合いやイメージが非常に良くなるため、挨拶や年賀状を送ることは良いことです。

しかし、新年の挨拶に来た方が良いか、年賀状を送るか否かは人それぞれの価値観がある為、「絶対にこうした方が良い!」といった固定概念を持つことは避けた方が良いですね。

婚約者同士にとっても独身としていられるお正月というものは最後の年になりますので自由に過ごしたい、若しくは自由に過ごさせてほしいといった親御さんもいるでしょう。相手の親御さんとの親密度によっても対応が変わってくる部分があります。今まで一度も会ったことすらない状況で突然新年の挨拶に行っても、新年早々から親御さんをびっくりさせてしまいます。

 

大切なことは相手の婚約者に両親へ挨拶に行った方が良いのか、年賀状はどうしたら良いのかといったコミュニケーションをそれとなくとってもらうことが大切です。マナーに厳しい親御さんもいれば、堅苦しい挨拶などを嫌う人もいますので、婚約者同士がしっかりと話し合いをしてどのように対応をすべきかを考えていきましょう。

また、両家の年賀状の出し合いについても調整をしておいた方が良いですね。片方の家からのみ年賀状が出されていて、もう片方の家は何もしていなかったなんてことになってしまいますと、今後付き合いが長いにも関わらず、気まずい関係からのスタートになってしまいます。

もし、新年の挨拶に行く場合は結婚式前であればスーツなどのしっかりした服装で行くと無難です。ここらへんの事情も婚約者の方に都合を聞いてもらえると良いですね。

Sponsored Link

まとめ

婚約中の年賀状や新年の挨拶をするかしないかは、家庭や人それぞれの価値観によって左右されてきてしまいますので、事前に話し合いをしておくことが大切です。新年の挨拶に向かうかどうかは際どいラインがありますが、相手の親御さんに向けて自身が年賀状を出す程度であれば特に問題はないでしょう。

年賀状はまだあまり親しい関係になくとも、婚約していることを知っている仲であれば差し出がましいとは思われにくいですし、しっかりしている人といった印象を与えられることもあります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。