インフルエンザ予防接種の副作用でかゆみ腫れが起きる原因対処法!

インフルエンザに掛からない為にインフルエンザの予防接種を受けたものの、予防接種を受けた場所が腫れてしまったり、痒み、痺れを感じる人がいます。

掻いてしまってはいけないと分かっていても痒すぎて掻きたくなってしまいがち。大人でも掻きたくなってしまうのに子供はさらに大変です。

実はこれらの症状を引き起こす人は10%~20%もいるようです。予防接種でかゆみや腫れが起きる原因と対処法をご紹介致します。

Sponsored Link

インフルエンザの予防接種で腫れる・かゆみが出る原因

インフルエンザの予防接種で腫れたり、かゆみが出る原因にはいくつかの原因が考えられています。

インフルエンザの予防接種で引き起こされる腫れやかゆみというのは、インフルエンザの予防ワクチンに含まれているものが原因ではなく、ワクチンによって体が抗体を作りだそうとしている働きが、腫れやかゆみを引き起こす原因になっていると考えられています。

また、インフルエンザの予防接種を受ける際に含まれているワクチンは、不活性ワクチンなので病原体が原因で副作用を起こしたりすることはありません。

つまり、予防接種は意図的に病原菌を体内へ入れる行為であり、体が抗体を作る為に病原菌ワクチンと戦っている状態にあります。

その結果、病原菌ワクチンと戦うためには体は体温を上げたり(発熱)、予防接種をした場所が腫れたり、かゆみが出たりするといった副反応が起きてきます。

昔の注射は筋肉注射だったので痛みは多くありましたが、このような症状は少なかったですが、最近の注射は皮膚と筋肉の間に打つので、痛みは少なめになりましたが腫れやかゆみなどの症状を引き起こしやすくなったと言われています。

他の原因としては日本のワクチンには、製造過程の中で卵を使用していることから卵アレルギーのある人はアレルギー反応が出てしまうことがあります。

ワクチンに含まれる卵成分は検出できないレベルにまで除去がされており、基本的には卵アレルギーの人でも問題がないのですが、重度の卵アレルギーの人の場合には稀に症状が出てしまうことがあります。

Sponsored Link

腫れやかゆみの対処法

腫れやかゆみなどの症状が出てきてしまった時は接種部位になるべく触れないようにし、かゆくても掻きむしらないようにすることが大切です。

どうしてもかゆくて我慢ができない場合は、接種部位を冷やすとかゆみが緩和されます。

予防接種個所が痒くて掻いたり、揉んだりしてしまうと、予防接種の注射による穴の塞がりが開いてしまい、腫れなどの症状が悪化してしまう可能性があります。

入浴をするときもあまり接種部位には刺激を与えないようにし、あまり温めないようにしましょう。接種部位が温まるとかゆみが増す可能性があります。

また、予防接種をしてから1日は激しい運動や、飲酒をすることはなるべく控えましょう。

まとめ

最後にご紹介してきたことをまとめておきます。

  • 腫れやかゆみの原因は病原菌と戦っている副反応
  • 卵アレルギーが原因になっていることも・・・。
  • 症状が出たら接種部位を冷やす
  • かゆくても絶対にかかないこと!
  • 接種部位を温めないようにする
  • 運動や飲酒はなるべく控える

インフルエンザの予防接種によって何らかの症状が出てしまうのは体がワクチンと戦っている証拠であり、仕方のない部分があります。

ただし、症状が酷くなり過ぎると、肘から肩まで腫れが広がってしまうこともある為、あまりにも症状が酷く感じてきた時には、医師の方に相談をすることをお勧めします。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。