年越しそばの食べる時間はいつがベスト?お勧めの具材5選!

12月31日の大晦日といえば年越しそばです。

大晦日にコタツで暖まりながら紅白歌合戦や、笑ってはいけないシリーズなどのTV番組を見て、年越しそばで新しい年を迎えるといった方々が多いのではないでしょうか。

ところが、大晦日に年越しそばを食べるのは知っているものの、年越しそばを食べる時間はいつなのかまでは知っている人は実は少ないです。

そこで年越しそばを食べる時間はいつがベストなのか、お勧めの具やレシピを紹介していきます。

Sponsored Link

年越しそばを食べる時間はいつ?

年越しそばを食べる由来となった理由は、そばは麺類の中でも切れやすいことから一年の厄を断ち切ってくれるといった考えから始まりました。

この由来から考えると年を越してから食べると縁起に良くない、年内に食べ終わらないと次の年の金運に恵まれないといった考えもありますが、実は年越しそばを食べるタイミングや正確な時間は決まっておらず、地域の風習や各家庭で年越しそばを食べるタイミングを決めて良いのです。

地域によっては元旦に年越しそばを食べるところもあるくらいですから、ざっくりと年越しそばを食べるタイミングを言うのであれば、12月31日から1月1日の間の好きなタイミングで年越しそばを食べれば良いということですね。

年越しそばは縁起を図るものですから、自分が年越しそばを食べたいタイミングで年越しそばを食べて、新年を新たな気持ちでスタートできればいつ食べても良いでしょう。

一般的なイメージとしては年越しそばは12月31日の夕食の時に食べたり、12月31日丁度かその前後に食べていることが多いですね。

Sponsored Link

年越しそばのお勧めレシピ・具

年越しそばはただのそばと言ってしまえばそうですが、せっかく年越しに食べるそばなので縁起の良い具材を紹介していきます。

 

油揚げ

油揚げ、つまりお稲荷さんは江戸時代から商売繁盛の神様として考えられていましたから油揚げを入れてきつねそば風にしてみてはいかがでしょうか。新しい年は仕事を頑張るぞ!商売繁盛!といった方にお勧めですね。油揚げをのせたあんかけそばや暖かいそばに合います。

 

ネギ

ネギは一年の労苦をねぎらうといった意味で食べられることがあります。寒い時期に流行りがちな風邪の予防などにも繋がり、体にも良いので年越しそばにネギもお勧めです。

 

海老

海老は腰が曲がっていることから長寿のシンボルとして考えられています。新しい年も健康に一年を過ごせるようにそばと一緒に海老を入れて健康長寿を願って食べるのも良いですね。かき揚げや海老天ぷらにしてみてはいかがでしょうか。

 

かまぼこ

かまぼこは紅白の区切りから「日の出」を象徴しており、縁起の良い食べ物として考えられます。中国・四国地方で食べられることが非常に多い食材ですね。年越しそばは地域別で具材が変わりやすい食べ物なので年越しそばにかまぼこを取り入れたことのない地域の方は、新しいことに挑戦してみるといった意味合いでかまぼこを取り入れてみると、さらに年越しそばらしさが出てきて良いですね。

みつば

みつばも縁結びの意味に通じており、縁起の良いもの食材のうちの一つです。三つ葉の一本をくきの部分で結わくことで、「結びの三つ葉」として「縁を結ぶ」ことに繋がります。新年を迎える食材にはぴったりな具材ですね。他にも昆布・ごぼう・かまぼこなどに結ぶこともあります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。