ノロウィルスの家族がいるけど仕事がある…会社に出勤しても平気?

ノロウィルスは人から人への感染力が強いウイルスです。
特に感染してしまう対象として多いのが家族内感染であり、その確率は非常に高いです。

ノロウィルスは症状が出てこない潜伏期間が1日~2日ほどありますが、その間にも周囲の人へノロウィルスを感染させてしまうので、家族がノロウィルスにかかったと分かった時には自分もノロウィルスにかかっていた・・・なんてこともあります。

家族がノロウィルスにかかってしまうと気になるのが自分もノロウィルスにかかってしまっていないかどうか。

そして、家族がノロウィルスにかかった時に自分は仕事に出勤しても良いのかも分かりません。

Sponsored Link

家族がノロウィルスにかかった時にまず考えるべきこと

家族がノロウィルスにかかってしまった時に手洗いうがいを徹底しましょう。

ノロウイルスは同じ部屋で呼吸をするだけで感染するような空気感染の性質はありませんが、生活を共にしている人へ移りやすい性質があります。

人から人に移るノロウィルスの感染経路の大元は便や嘔吐物からの感染ですが、ノロウィルスの菌が何らかの形で拡散してしまうと家の至る所にノロウィルスの菌が広がっていきます。

>>ノロウィルスにかかった家族の隔離・処理対応!感染経路を潰す処理方法!

そのため、手洗いは徹底して行い、ノロウィルスの二次感染を防ぎます。

もし、自分が既にノロウィルスに感染していたとしても、手洗いをせずにノロウィルスの菌を広げていってしまうと集団感染に繋がってしまうので、手洗いは欠かせません。

自分がノロウィルスに感染しているのではないかと思って病院で検査したくなる気持ちは分かりますが、ノロウィルスは潜伏期間が1日~2日で発症しても2~3日で完治してしまう病気で、ノロウィルスに対する抗ウィルス剤はありません。

つまり、精密な検査をして数日後に結果が分かったとしても、その頃にノロウィルスにかかっていたかという情報はどうでも良い情報になっていることがほとんどです。

このようなことから病院側もノロウィルス感染者には口頭でのやり取りでノロウィルスに感染しているかどうか判断していたりするので、ノロウィルスにかかっているかどうかという検査を行うこと自体、あまり意味のあることではないのです。

Sponsored Link

会社に出社しても大丈夫か?

会社に出勤しても良いのか分からない時の対処として、まずは会社の上司の方に連絡を取りましょう。仕事環境は皆同じというわけではありませんので、人によって家族にノロウィルス患者が出てきた時の仕事先の対応が異なります。

特に食品・調理関係の仕事についている人は家族にノロウィルス感染者が出た時点で出勤停止になることもあります。家族にノロウィルス感染者がいたとしても知らない顔をして自身で判断して出勤してしまうと最悪の場合、仕事先でノロウィルスを拡散させ、自身の手に触れたものなどから次々と感染者が増えていき、会社の信用や利益に関わる問題にもなり兼ねます。

会社を休むことによって仕事場が忙しくなる、苦しくなるといったこともあるかと思われますが、最優先で考えるべきことはノロウィルスの感染拡大を防ぐことですので、まずは会社に報告をしておくことが大切でしょう。

会社側が出勤しても問題ないと言うのであれば構いませんが、独断で強引に出勤したものの実はノロウィルスに感染していて集団感染させてしまいました、なんて事態になってしまった時はどうなるか分かりません。

 

会社を休まずに出社した場合

会社を休まないで出勤した時はいつも以上に手洗いを徹底しましょう。

自分がノロウィルスにかかっている可能性を考慮して、ドアノブや手すり、電話の受話器など、社内で共有しているものに触れたりするのはなるべく避けたりした方が良いです。”絶対に触るな”というわけではありませんが、家族にノロウィルス感染者がいることを忘れずに、もしものことを考えておくべきです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。